横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

RENAULT ルノー PLATINUM LIGHT プラチナライト6 超軽量ミニベロをお探しの方に

皆様、こんにちは!!
bikeport新宿都庁前店の奈須野です。


本日は、車体重量6.8kgという、超軽量ミニベロ、RENAULT ルノー PLATINUM LIGHT プラチナライト6のご案内を致します。


1 超コンパクト
まず、ハンドルを折りたたみます。
次に、サドルを押し下げます。
最後に、フレームを折りたたみます。

折りたたみ時の大きさは、650×560×380mmという、とんでもない小ささです。
これは、一般的なシティサイクル、クロスバイクのホイール(車輪)1つよりも小さいもので、そのコンパクトさが際立っています。
GIANT ESCAPE R3と並べてみたところです。

リアホイールよりも小さくなっております。


2 超軽量
フレームが軽量のアルミ合金で出来ておりまして、車体重量が6.8kgと超軽量です。
シティサイクルの平均的な重量が18-20kgくらい、軽量なクロスバイクでも10kgくらいですから、6.8kgという重量が、いかに軽いかがお分かり頂けると思います。
これだけ軽ければ、女性の方であっても、気軽に折りたたんで、クルマに積む、電車で輪行する、といった使い方が可能です。


3 PLATINUM LIGHT6のターゲット
(1) まず最初に正直に申し上げますと、PLATINUM LIGHT6は万能、全能の自転車ではありません。
車輪径が14インチと、ミニベロの中でもさらに、小型のホイールを履いています。
これは、車体をコンパクトにできる、車体重量を軽くできる、というメリットがあります。
それはとても大切な性能ではあるのですが、短所を申し上げるとすれば、ハンドル操作がクイック、つまりすこしハンドルをきっただけで方向転換します。
そのため、初めて14インチの小径車にお乗りになる場合は、車通りの少ない、安全な場所で走行テストをなさるのが良いと思われます。

次に、車輪径が小さいため、段差には強くありません。
歩道などの段差を乗り越えるときは、慎重に、可能な限り直角をたもって段差をクリアすると良いと思われます。

そして、必ずしも高剛性の車体ではない、という点が挙げられます。
つまり、PLATINUM LIGHT6は車体の各所に折りたたみ機構を備えて、かつ、ペダルも着脱が容易なものを採用しています。
これは、短時間で車体をコンパクトにできる、という素晴らしい仕組みです。
しかし、敢えて短所を申し上げるとすれば、車体の剛性が低い、ペダルの剛性が低い、ということでもあります。
そのため、思いっきりペダリングをしますと、車体がややたわむ、ペダルがたわむのは、致し方ありません。

(2) しかしながら、上記のようなマイナス点は、そもそも、PLATINUM LIGHT6に対する批判としては的を射ていないものです。
といいますのも、PLATINUM LIGHT6は比較的短距離を、短時間走行することを念頭に開発されています。

そして、自転車を単に移動手段として考えるだけでなく、お部屋に置いてある姿もオシャレに、可愛くありたい。
モノとしての美しさ、自転車ってこんなに小さくなるんだ、という驚き、嬉しさを体現するアイテム、そういった所有欲も満たしてくれるバイクなのです。

さらに、超コンパクトにできるため、前述しましたように、クルマ、電車、バスなどで輪行することもらくらくです。

確かに、クロスバイク、ロードバイクでも輪行することは可能ですが、前後のホイールを外したところで、やはりその車体は巨大でして、電車や新幹線にはかろうじて乗せることはできますが、バスに乗せることは非常にためらわれます(ときには乗車拒否されます)。

PLATINUM LIGHT6であれば、もはや自転車といえないくらいコンパクトで、普通の手荷物の容積と何ら変わりがありません。

このように、PLATINUM LIGHT6がターゲットとしている使用方法は、電車、バスなどに自転車を載せて、フラッとお出かけをして、下車した先で観光や風景を楽しむ、そのときに徒歩よりもミニベロのほうが遥かに速く移動できる、というものです。

今までためらわれていた輪行が、手軽にできる、今までしようとも思わなかったことを実行できる、というのは革命的というべきもので、そういうライフスタイルの変化をもたらしてくれるのが、このPLATINUM LIGHT6であり、PLATINUM LIGHT6の存在意義なのです。


4 詳細
(1) 14インチで、ややリムハイトの高いホイールを履いています。
空力抵抗上、リムハイトが高い方が有利。。。というのが理論上の根拠ですが、最大の理由は、見た目が格好いいから!!
それで十分であります。

メッキ処理されて、高級感が出ています。
バルブは英式で、ご家庭でもメンテナンスをしやすくなっております。


(2) シングルスピードです。

つまり、変速機はありません。
前述しましたように、PLATINUM LIGHT6は高速で長距離を移動するツールではありません。
比較的短い距離を、楽しく移動するための車体です。
移動速度も時速15km前後を念頭に置かれていると思われ、そうだとすれば、変速機が無くても十分に速度域のカバーが可能です。
むしろ変速機が無いほうが軽量化できますし、故障する箇所も減らすことができるため、メンテナンスの頻度、維持費も抑えることが可能です。
PLATINUM LIGHT6の使用用途を考えれば、変速機を排したのは、合理的な選択だと考えます。


(3) ペダルが着脱式です。
輪行をする場合に、ペダルが両脇に張り出すのは、意外にもスペースをとります。
このペダルを一瞬で外すことが可能です。
ペダルを外すことで、より車体をコンパクトにすることができ、輪行が楽しいものになります。
(PLATINUM LIGHT6は十分に小さい車体ゆえ、ペダルを外さなくても輪行は可能です。)


(4) Vブレーキです。

一般的なスポーツバイクと同様の仕様で、強力な制動力とメンテナンス性の良さを両立しています。


(5) 軽量サドル
軽量化のため、サドルは薄型になっています。

ロードバイク等では一般的な薄さ、固さですが、初めてスポーツバイクにお乗りになる方で、お尻が痛い!!ということであれば、若干重量的には不利になりますが、サドルを交換することが可能です。
(サドルの種類、お値段は千差万別ですが、¥2,000ほどからラインナップがございます)。


(6) ハンドル折りたたみ機構
ハンドルを折りたたみ可能です。


(7) ハンドルの角度調整
ハンドルの角度を調整可能です。
これはどういう利点があるかといいますと、輪行時にブレーキレバーの飛び出しを抑えて、より車体をコンパクトにできる、ということです。


(8) ボディ折りたたみ機構
フレームを折りたたみ可能です。



いかがでしたか。

RENAULT ルノー PLATINUM LIGHT プラチナライト6であれば、お部屋に置いても邪魔にならず、オブジェとしても可愛らしく、ちょっとしたお買い物、出先でのツーリングをするのに十分な走行性能を兼ね備えております。

本日はこのあたりで宜しいと存じます。
それでは、皆様、次回お会いするときまで、ごきげんようです!!
以上、bikeport新宿都庁前店の奈須野でした。

bikeport新宿 都庁前店 オープン!!

過去のバイクポートのお知らせはこちら