横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

GIANT TCR ADVANCED 2 KOM SE パワーメーター付 カーボンロード 105

皆様、こんにちは!!
Bikeportスタッフの奈須野です。

GIANTの2020年モデルが続々と入荷しております。
本日は、その中でも特にコストパフォーマンスが高い、
TCR ADVANCED 2 KOM SE をご紹介します。

©GIANT

 

©GIANT

SIZE : 425(XS),445(S),470(M),500(ML)mm
WEIGHT : 7.9㎏(445mm)
FRAME : Advanced-Grade Composite,VARIANT Composite Seat Pillar
FORK : Advanced-Grade Composite,Aluminum OverDrive Column
CRANK SET : SHIMANO 105 Compact with GIANT POWER PRO S
BRAKES : SHIMANO 105
WHEELS : GIANT P-R2 DBL WheelSet
TIRE : GIANT GAVIA AC 1 700x25C Tubeless Ready
SPEED : 22 Speed
COLORS : ブラック, レッド


1 価格
まず、価格から。
TCR ADVANCED 2 KOM SEはカーボンロードバイクのエントリーグレードという位置づけで、¥210,000(税抜価格)となっております。


2 カーボン、105
フレームとフォークに、Advanced-Grade Compositeカーボンを採用しております。
コンポーネントは、エントリー用途として必要十分なクオリティを備えている105。
105といいながら、価格を抑えるために、ブレーキやチェーンホイールは他社製、ということはなく、ギアクランク、ブレーキセットも105で、バイクの総合性能を損ないません。


3 パワーメーター付き

©GIANT

21万円、カーボン、105でありながら、なんと!!
パワーメーター 「POWER PRO S」が標準装備です。
POWER PRO Sは左クランクに装着されており、他社製で同等品を揃えようとすれば5万円以上はかかるのが現実。
それが標準装備で21万円とは、とんでもないことです。

パワーメーターなんて必要ないよ、という方、お待ち下さい。
きっとこのやりとり、サイクルコンピューターが出始めた数十年前のときも、同じことが言われていたに違いありません。
サイクルコンピューターなんて必要ないよ、と。
しかし!!
現在では、熱心にロードバイクでトレーニングする方は、ほとんど100%サイクルコンピューターを装備しているのではないでしょうか。

パワーメーターも、同様、価格がこなれてくれば、ごく自然なオプションとして普及するに違いありません。

少し話題がそれましたが、パワーメーターの利点を挙げます。
サイクルコンピューターで計測する速度は空気抵抗、路面の状態などによって大きく変動します。
しかし、パワーメーターの計測数値は外的な要因に左右されにくい。
より、客観的な実力を示す数値として、パワーメーターによる計測が有効です。

少し前までは、心拍計を用いたトレーニングが主流でした。
もちろん、現在でも有益ですが、心拍計は装着が面倒、目標の心拍数に上がるまで時間がかかる、といったマイナス点もありました。

パワーメーターであれば、すぐに計測可能で、短時間のトレーニングであっても客観的なデータを採取しやすいのです。

さらに、Zwiftといったヴァーチャル空間でレースをする、といった楽しみも広がります。

TCR ADVANCED 2 KOM SEに採用されているのは、左クランクのパワーメーターで、左足のパワーのみを計測するモデルです(サイクルコンピュータ等には、左足のデータを2倍したものが表示されます)。
確かに、10万円を超すような上位モデルは、左右にメーターがついており、より正確な計測が可能です。
しかし、片方だけであっても、トレーニング用途には十分なデータを得ることができるでしょう。


4 山岳王
KOMとは、King of Mountain、つまり山岳王ということです。
TCR ADVANCED 2 KOM SEは、山岳仕様のSE、スペシャルエディションというわけで、スプロケットは、11-34Tというワイドレシオとなっており、どんな激坂もラクラク・・・です!!
カーボンロードバイクとしてはエントリーグレードながら、重量は7.9kgと軽量です。
カーボン繊維から、最終工程まで、一環して自社で完結するGIANTだからできる、高品質、高コストパフォーマンスの極みといえましょう。


5 タイヤ

©GIANT

タイヤはチューブレスレディで、チューブとの摩擦抵抗が無い、リム打ちパンクをほとんどしない、小さな穴であればシーラントが埋めてくれる、仮にパンクしたとしてもチューブドと違って急激な減圧をしないためクラッシュの危険が低い、といった利点があります。


6 シートピラー
シートピラーも、もちろんカーボンで、衝撃吸収性とエアロ効果の高い形状となっております。

©GIANT


驚異的な高コストパフォーマンスのTCR ADVANCED 2 KOM SE。
KOM、山岳王とはいいますが、平地でもその戦闘力は十分で、入門用カーボンロードバイクをお探しの方に、自信を持っておすすめできます。

本日はこのあたりで宜しいと存じます。
それでは、皆様、次回お会いするときまで、ごきげんようです!!
以上、bikeportスタッフの奈須野でした。

過去のバイクポートのお知らせはこちら