横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

ENS Stage5 富士見高原 レースレポート

こんにちは先日はENS(エンデューロ・ナショナル・シリーズ)のステージ5ファイナル 富士見高原に参戦してきました。

さかのぼること1週間前

DVO JADE(リアサスペンション)をコイルサスペンションタイプに換えてから設定を探るため高峯MTBワールドで練習を行いました。

4回目である程度調子が良くなったので、そのセッティングのままENSを迎えました。

bikeportとしては初のMTBレースへの参加でした。

日程は土曜日は受付と試走、日曜日は本番といった流れですが、ダウンヒルもエンデューロもMTBで大事なのはコースの下見。

MTBが上手くとも、ぶっつけ本番で好タイムがだせるという甘い世界ではないですし、走るラインの選び方によっては、タイムにも差がでますし、次のコーナーへの進入のしやすさなど全く変わってきます。

ダウンヒルと違うのは、エンデューロは複数のステージの合計タイムで競われるので、一つのステージが速くても他のステージで転倒してDNFやミスによりタイムをロスしてしまうと、上位は狙えないという点です。

ステージとステージの間はリエゾンと呼ばれる計測が入らない区間なので、次のステージのスタート時間までにスタート地点に着いていればよいのです。

今回の富士見高原のファイナルステージはステージ3まであり、ENS最長レースとなりました。

リエゾン区間は基本的に自走登りなので、ちょっとしんどいですが、ステージからステージまでの移動時間が十分に設けられているので、押し歩きでもスタート前で15分ぐらいは休むことができます。

 

土曜日の試走では、ステージ1から3まで2回ずつ試走し、タイムが短縮できそうなラインを見定めたり、難しい区間の対処方法を考えながら頭に記録します。

今回の大会では海外のプロライダー集団50to01 フィフティートゥワン が来日しスペシャルゲストとして参戦していました。

今回はDVOがメインスポンサーとしてブースも大きく展開していました。

初日は2時半で試走が終了ということで、セッティングやコースをしっかりチェックして早めに撤収。

温泉と十分な睡眠で翌日の10時からのレースに備えました。

レース当日

朝からトイレに3回もこもるぐらい緊張してこの表情。

スタッフの油井も初参加!!

 

自分のスタートの番を待ちながら集中する。

決められたスタートタイムまでにスタート地点でスタンバイし自分のスタート時間になったらスタート。

秒針が刻むことに緊張感が増します。

走行時の写真はありませんが、結果は192人中158位という結果でした。

ステージ1、ステージ2はラインどりに失敗し、スタート直後や、苦手なテクニカルなラインでもたつき大幅にタイムロス、ステージ3ではなんとか巻き返しましたが、158位というありさま。

また下りだけだから、漕がないだろうと思っていたら意外と鬼漕ぎばかり!!

ここであともう一つ感じたのが、ペダリング時のリアサスの可動具合。

下りなのでアクティブ目なセッティングにしていたのですが、ペダリングを漕ぐ際にBBハイトが下がりペダルヒットやBB下がヒットすることが多々ありました。漕ぐ際にペダリングによるリアサスが動いてしまいペダリングロスにもつながります。

セッティングもコースをただ走るのではなく、タイムを競うような場合であればペダリングを加味したセッティングが必要なんだなと実感しました。

余談ですが、50to01 のバイクを見る機会があったのでハブを見てみるとインダストリーナインが入っていました。

ちなみにかれらは1位3位4位と上位を独占していました。汗

 

 

過去のバイクポートのお知らせはこちら