横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

600km ブルベ その1。迷宮!! 由比宿の戦い


皆様、こんにちは!!
bikeportスタッフの奈須野です。


2020年9月20日、21日の連休に、600km ブルベに参加してきました。
ブルベ(Brevets)とは、フランス語で「認定」を意味する言葉で、完走することに重きを置く、サイクルイベントのことです。
確かに、本来のブルベは、タイムによる順位づけを致しません。
しかし、タイムがwebサイトで公開されることと、日本に住む方の生真面目さが影響するのか、ほとんどの参加者さんは、目の色を変えて全力疾走しますし、こと日本では長距離耐久レースといった趣きがあります。


さて、今回参加したのは、静岡県の清水市からスタートして、天竜川沿いをひたすら北上して、長野県の松川村という場所まで行き、その後、富士川沿いを南下して清水市に戻る、という走行距離600kmのイベントです。
制限時間は40時間で、この40時間内であればどの箇所で休憩や宿泊をしても構いません。
もっとも、チェックポイントが7箇所あり、そのチェックポイントごとに、いわゆる足切りラインが存在するため、あまりにのんびりと走っていると、途中で失格となります。

https://ridewithgps.com/routes/33638547

獲得標高は8900mほどです。

イベント開始は9月20日午前6時で、開催地が静岡県清水市なのです。
私が参加したのは、神奈川県のブルベ主催団体のイベントだったのですが、どういうわけか静岡県がスタート地点。
やむを得ず、前日の19日に現地入りをすることにしました。


スタート地点まで、自走するかどうか、迷いました。
清水市までは150kmほどで、超長距離というほどではないとしても、途中の箱根あるいは、熱海を経由しての伊豆半島の山々を越えなければなりません。
御殿場経由でも到達可能ですが、国道246号線は交通量も多く、可能であれば避けたいルートです。
あれこれと迷いまして、沼津まで電車で行くことにしました。
沼津からであれば、駿河湾に沿ってのんびりゆったり走ることができますし、距離も50kmほどで、前日の慣らし運転にはちょうど良いでしょう。


横浜駅で、自転車を輪行袋に入れて、東海道線に乗り込みます。

神奈川県の早川あたりから沼津まで、自転車であれば峠越えが連続する区間でありますが、電車はトンネルを通って、すいすいと進んでいきます。
熱海から沼津まで、たった17分で到着しました。

自転車であれば、2時間くらいかかってもおかしくない難易度の峠です。
これはらくちん。
体力が温存できました。


沼津駅で自転車を組立てます。
自転車を自転車以外の乗り物に乗せて移動することを「輪行」と言いますが、輪行の準備は慣れれば5分程度で終えることができます。
今回使用した輪行袋はこちらです。
前後輪ともに外すタイプで、かつ、サドル、ハンドルバーの3点で自立できる輪行袋です。
https://www.giant.co.jp/giant21/acc_datail.php?p_id=A0000826

駅の中などでは、自転車を立てかけることが難しい状況もありまして、そのときに自立できるタイプが重宝します。
また、この輪行袋の良い点は、上側から自転車を詰め、下側は常に袋が閉じているため、万一自転車からパーツがこぼれ落ちた時などでも、袋の中にとどまってくれることです。


沼津駅から出て、南西に向かいます。
駿河湾には、立派なサイクリングロードがありまして、ずーーーーーーっと地の果てまで湾岸を走り続けることが可能です。


美しい駿河湾のそばを、のーんびりと走っていきます。


東海道五十三次の一つ、由比宿(ゆいじゅく)に到着しました。
亀さんが日向ぼっこをしていました。


宿場町らしい、古風な町並みが続きます。

町自体はのんびりとしているのですが、この由比、自転車乗りにとっては鬼門ともいうべき場所なのです。
それは、道が非常にわかりにくいからです。
案の定、私も迷い、google mapで検索してみますが、ここを逆走するのが正規ルートなの!?という箇所もありました。

あれこれと迷いましたが、太平洋自転車道というサイクリングロードを走ります。


右上に見えるのは、薩埵峠(さったとうげ)と思われます。
このあたりは断崖絶壁ばかりで、古来からこの薩埵峠が交通の要衝として、歴史上の合戦の舞台であったりしました。

なお、別日に撮影した、薩埵峠から眼下を見下ろした様子です。
道路が海上を走っています。

由比宿は迷宮ともいうべき、道の入り組んだ地域です。
この場所であらかじめ迷っておいたことが、イベント最終局面で、大きな助けとなるのですが、それはまた後ほどに。


清水市に到着しました。
お宿で、ゆっくりと過ごします。

明日は午前4時30分ごろに出発の予定です。


本日はこのあたりで宜しいと存じます。
それでは、皆様、次回お会いするときまで、ごきげんようです!!
以上、bikeportスタッフの奈須野でした。

600km ブルベ その2。快速!! 焼津 御前崎 第1,2チェックポイント通過

過去のバイクポートのお知らせはこちら