横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

2021年モデル 先行販売開始 ESCAPE R3W ¥52,000(税抜)

皆様、こんにちは!!
Bikeportスタッフの奈須野です。
2020年6月18日 ESCAPE R3W ¥52,000(税抜)の2021年モデルが先行販売開始されました。
先日ご紹介した、ESCAPE R3はGIANT銘柄で、(基本的に)メンズモデルです。

2021年モデル 先行販売開始 ESCAPE R3


本日ご紹介するR3Wは、GIANTが展開する女性ブランド、Liv(リヴ)のバイクとなります。


1 概要
SIZE : 350(XXS),400(XS),440(S)mm
WEIGHT : 10.5kg(400mm)
FRAME : ALUXX-Grade Aluminum
FORK : Cr-mo
DRIVETRAIN : SHIMANO ALTUS / EF500
WHEELS : GIANT SPINFORCE LITE
TIRE : GIANT ESCAPE R TIRE 700x30C
SPEED : 24 Speed
COLORS : ミント, ブラウン, パールホワイト, クラシックブルー


2 日本独自モデル
ESCAPE R3と同様、R3Wもまた、日本独自モデルとなります。
日本に住んでいる女性が、日本で走ることに適したクロスバイク、それがR3Wです。
今、日本に住んでいる女性、と申しましたが、R3Wの特徴を申し上げます。

(1) いわゆる欧米人に比べ、東アジアの人々は身長が低いことが多く、欧米モデルに比べて、フレームサイズを小さくしてあります。
フレームサイズ 350(XXS)であれば、140〜160cmの方が乗車可能です。
(余談になりますが、身長140cmの方でも乗車可能、ということで、Livモデルに小中学生等の男の子が乗る、といった事例もあります)

さらに、メンズモデルであるR3よりも、トップチューブを大幅に傾けてあります。
オレンジがR3、ミントがR3Wです。

衣服の差異などにより、女性は男性と違って、ガバッと足を上げてサドルにまたぐことが難しいことがあります。
トップチューブを傾けることにより、バイクにまたぎやすくなります。

(2) 女性は男性よりも骨盤が広い方が多く、メンズモデルよりも2cmほど、サドルの幅を広げた特別モデルを採用しています。

(3) 女性はサンダル、パンプス等、男性よりも華奢な靴底でライドする可能性が想定され、そのため、ペダルは靴底を傷めにくく、かつ滑りにくいプラスチック製のペダルを採用しています。

(4) デザイナーに女性を起用し、女性らしい華やかさ、温もりや癒やしを感じさせるカラーリングを採用しています。


3 R3と共通の特徴
ALUXX-Gradeのアルミフレームで、車体重量が10.5kg(400mm)と軽量です。
(なお、一般的なシティサイクル、ママチャリの車体重量は18kg-20kgほどで、10kgのお米一袋分くらいの重量差が常に生じている、ということになります)


4 シートステイ
単に軽いだけでなく、走りやすさを追求するフレームデザインになっています。
シートステイとトップチューブの接続を大幅にずらすことで、リアホイールからの突き上げ、衝撃を緩和し、乗り心地を改善しています。

これまた余談ですが、ロードバイク等、スピードを重視するモデルは、シートステイとトップチューブが直結しています。


5 フロントフォーク
フロントフォークがベント(湾曲)しており、フロントホイールからの衝撃を緩和してくれます。
さらに、素材にクロモリ鋼を採用しております。
クロモリ鋼は、アルミ合金よりも粘り、しなやかさがあり、しっとりとした乗り味となります。


6 30Cタイヤ
30Cの幅広タイヤで、ちょっとした段差も安心です。
なお、ロードバイクでは25-28Cのタイヤを履くことが多いです。


7 フロント3枚、リア8枚の24段変速
R3Wはいろいろな方にご乗車いただける最初のスポーツバイクという位置づけでして、フロントが3枚、ものすごく軽いギアが搭載されています。
そのため、激坂であっても、他のモデルよりギア比を下げることで、楽に登ることが可能になります。


8 チェーンガード付
チェーンガードが標準で装備されてます。
衣類がチェーンリングに巻き込まれることを防いでくれます。
普段着のまま乗車しても、安心なように設計されています。
さらに、チェーンが外側に外れにくくなる、といった利点もあります。


9 リアキャリア台座付
リアキャリア取り付け用のダボ穴が標準装備されており、将来的にリアキャリア(後ろの荷台)を増設することが可能です。


10 超余談
男子はLivに乗車してはならない、などという法律は存在しませんから、デザインがお気に召したのであれば、男性がLivに乗ることもアリです。
最大サイズである、Sであれば、身長175cmくらいまでの方が乗車可能です。


本日はこのあたりで宜しいと存じます。
それでは、皆様、次回お会いするときまで、ごきげんようです!!
以上、bikeportスタッフの奈須野でした。

過去のバイクポートのお知らせはこちら