横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

2019 GIANT TALON ( ジャイアント タロン ) をドリームビルドしてみる…。RACEFACE AFFECT R DROPEER POST ( レースフェイス ドロッパーポスト )

こんにちは!湘南ベイサイド店です!

今夜もまたドリームビルドバイクを紹介しようかと思います!今回のベースは…

2019モデル TALON 3です!  完成車価格67,000円税込(…!?)

今回はドリームビルド程のハイグレードパーツの組立ではないのですが、67000円の入門MTBにはなかなか施されないカスタマイズを紹介しようかと思います。

車体価格に対してドリームビルドということで。

ダウンヒルやダートジャンプをメインで活動されております昔からお付き合いのある常連様より、今回はドロッパーポスト交換を依頼されました。

トレイルはメインでないので、価格重視でTALONをご愛用頂いております。メインバイクの余りパーツなどを駆使して組まれているので、ハードテールエンデューロバイクのようになってしまっております。笑

今回ご注文頂いたドロッパーポストはRACEFACEの新商品『 AFFECT R DROPEER POST 』¥28,000(税別、レバー付属無し)

今や様々なブランドから発売されておりますドロッパーポスト。僕らBIKEPORTグループでは大抵、リーズナブルなカートリッジ式をご提案する場合は「GIANT」、「FIREEYE」、「KOWA」などを推す場合が多いのですが、今回はRACEFACEに。

理由はコレ!

今回のRACEFACE AFFECT R DROPEER POSTは最大ストロークで170MMの設定があります。他のメーカーさんですと、長くても150MMまでが一般的。

170~200MMまでラインナップを持っているメーカーもあるのですが、価格としては結構高価だったり…。

150MMより長くて最もお買い求め易いポストがこのRACEFACE AFFECT R DROPEER POST なのです!

それにしても新旧の長さ比較の差がとんでもない状態に…。汗

元々のポストが確か70~80MMくらいの初代GIANT純正ドロッパーポスト。

BEFORE

AFTER、、、、、、、これは長すぎですね…。

改めてAFTER! TALONのサイズはMサイズで、オーナー様の身長は180後半!

交換前のドロッパーポストのストロークが短すぎた為、今までは「登り」か「降り」のどちらかしか優先出来ませんでしたが、170ストロークを備えることで従来の課題はクリア。

170MMのドロッパーポストは差し込みの部位も長いので、フレームによっては上手く取付出来ない場合がございます。今回のTALONも取付の関係上、縦側のボトルケージマウントを除去しました。

今回のTALON、ついでに他のカスタマイズ点もご紹介します!

フロントサスペンションは140MMに変更。リムはアンブロシオのワイドにタイヤはミニオンDHF&DHR

ドライブトレインは1×11のXT、チェーンリングはFOREMOSAでペダルはFIREEYE。

ハンドルはKOREのTORSION。ブレーキは残念ながらテクトロ…。

ステムもFIREEYE。ついでに元々ストレートコラム用のフレームでしたので、テーパーコラムが使えるようにヘッドパーツも社外のFIREEYE製へ。

パイピングの技術や素材、重量なども良いバイクを作る重要な要素ですが、ハードテールバイクに関してはジオメトリーがとても重要。

ハイエンドバイクの引けを取らないENDURO仕様TALONのご紹介でした!

過去のバイクポートのお知らせはこちら