横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

1月13日(日) BikePortRacingTeam 湘南シクロクロス第二戦~開成~ 大釜 萌選手レポート

こんにちは!! BikePortRacingTeam大釜 萌です。

シクロクロスを初めて1年。レースというものに憧れはあったものの最初は選手として出場は全く考えていませんでした。応援だけでした笑

ですがいつのまにか…出場して、すごく楽しんでます。

湘南シクロクロス第一戦~中井町~戦を含め、今回で二回目のレースとなりますが、体調不良と練習不足が重なり…満足のいく結果にはなりませんでしたが、皆さまにシクロクロスに興味を持っていただければと思い、バイクポートのブログにてレポートを書かせて頂きました。

午前中は思いっきり応援し、みなさんのパワフルな走りに感動しながら食事をして楽しくすごしました(会場にコーヒー屋、パン屋、もつ煮な様々なお店が来てくれています。)。

ひととおりレースが終わり、和やかムードになって、そろそろ帰りたくなってきたなぁという頃にやっとレースの召集がかかります。(笑) (女子のレースは午前の早い時間に終わらせて欲しいものです。)

スタートすると、最初の直線は先頭について走れるものの、細かい芝生のコーナーが始まると、すぐに差を開かれてしまいます。 階段を登り、芝生を斜めに走るコースはとてもキツく、前を走る選手から、「もうやだぁ。疲れたぁ。ここ苦手なんだよね。」と、弱音を吐く声が聞こえてきます。 なんだ、感じていることはみんな同じなんだ、と一安心。 石垣をを下る急なドロップダウンは、前回、ものすごく急なえぐれたドロップダウンを経験したので、もう恐怖はありません。 試走のときには楽しくてしょうがなかったこの3km弱のコースも、全力で走る3週目ともなればもう文句が出る辛さになります。

つい弱音が漏れると、応援の方や係りの方が、「あと少し、がんばってー!」とカツを入れてくれ、力を振り絞ります。 そんな辛さと戦いながら、「完走したい!」という強い気持ちで最後の芝生を登り、なんとかゴールです。 結果は惨敗でしたが、テクニカルなコースをケガなく最後まで完走できたことは、貴重な経験になりました。 シクロクロス、本当に楽しくて仕方がありません! また、ロードバイクにもきっと生かせるテクニックが身に付いたのではないかとも感じています。 1日、応援からレース出場まで、本当に楽しく参加させていただきました。 参加したみなさん、お疲れ様でした。 また、応援してくださった方々、本当にありがとうございました! 女子はまだまだ少ないので、是非、興味のある女子!一緒に走りましょう♪

Bikeportは、スポーツバイクを始めて、沢山の楽しみ方を知りたいという方のために、こういった活動を増やし出来る限りのサポートをしてまいります。レース初めての方、もっと速くなり方、ご興味持つだけでも構いません。もし、自転車レース気になりましたらbikeportに足をお運びくださいませ。

そして、レース活動にご興味ある方、是非BikePortRacingTeamにご参加下さい!!!

いつでもお待ちしております。

以上、大釜 萌でした。

過去のバイクポートのお知らせはこちら