横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

都市型ライドにオススメ CANONDALE BADBOY

タイヤも身体もファット化しているファットボーイ小林こと小林です。キリッ

最近の趣味は、断捨離です。

そろそろお肉の方も断捨離しないとまずいなと思っています。

でもそう簡単にできないんです、意志が弱い悪い子(BAD BOY)なので・・・

ということで今日はキャノンデールのBAD BOYのご紹介です。

2018 キャノンデール BAD BOY2 ¥190,000

個人的にBAD BOY2がシリーズラインナップだと足回りにSiクランクを採用していたりでカッコよくて好きです。

見た目はクロスバイクですが、一般的なクロスバイク相場の5万円~10万円を大きく上回っています。

どんな方にオススメなのかも踏まえて紹介していきます。

まず同社には【QUICK】というクロスバイクのラインナップがございますが、QUICKシリーズはフィットネスというカテゴリーとなっております。

そう街中をただ走るだけじゃ嫌なんだ!!目立ちたい!!ちょい悪な見た目だけど、タフで軽くて快適でやっぱり最後はカッコいいバイクが欲しい!!そんなお洒落で性能にも妥協が出来ない、このブログを今読んでいるアナタ貴方貴女のためのバイクです!!

当店のブログでキャノンデールのアルミニウムの成型技術の高さ、サスペンション技術やLeftyと呼ばれる独自規格を幾度かご紹介してきましたが、このBAD BOYシリーズはそんなキャノンデールならでは最新技術が詰まったバイクになっています。

性能はもちろんですが、見た目がクールでないと意味がないということで昔からカラーは黒のみ、アーバンライドの本場ニューヨークをカジュアルに駆るサイクリストにも満足がいくディティールとなっております。

昔から同社のラインナップとして存在し幾度もモデルチェンジをしていますが、コンセプトは今も変わりません。

Leftyというだけで街中では注目の的ですし、さらにバイクに内蔵のLEDが発光するので目立つこと間違いなし!

BAD BOYシリーズは4シリーズ展開をしておりますが、【BAD BOY1とBAD BOY2】C1アルミニウム、【BAD BOY3とBAD BOY4】C2アルミニウムとなっておりフレームに用いるアルミニウムグレードが異なります。

また1と2にはフォークとシートポストLEDが内蔵されており、ステムはサンドイッチステムを採用しております。

このようにフロントライトバッテリは上に引き抜くだけなど工具は必要ありません。付属のUSBケーブルでスマホ同様に充電が可能です。

リア側LEDテールライト一番上のライトがスイッチにもなっておりワンタップごとに点灯パターンの変更が可能です。

車体にLEDライトを取り付けなくても車体に内蔵されているため車体の外観を損ないません。

リア側のバッテリーはリチウムイオン電池でないため、少々面倒ですが、シートポストを引き抜いて乾電池を交換する形になります。

1と2にはMAGURA社の高級油圧ブレーキが採用されておりスペックにも妥協がありません。

雨の日やストップアンドゴーが多い街中で安心して使用できる油圧タイプはスタンダードになりつつあります。

グリップはキャノンデール社傘下のファブリック製グリップを採用!どの面からもしっかりグリップできるのはもちろん、MTB系と違い固すぎないのが個人的にとても好印象。

 

Leftyフォークには650bの38cタイヤが最初からインストールされいています。※サスペンションじゃありませんよ。

個人的にここが一番評価が高くて、街中走る時に段差や路面が荒い箇所っていうのは都市部だと特に多くてロードバイクで走ったときは振動がすごいし、キャリパーブレーキは制動力弱いし、前傾だと疲れるしという贅沢な悩みをもっていました。

やっぱり街中を走る時は上体が起き上がっている方が楽ですし、タイヤ幅が広くグリップ面が多いとコーナリングも安心です。

タイヤのエアボリュームがあると多少の段差や路面が荒い所は気にならなくなります。

例えるならマウンテンバイクみたいな滑らかな乗心地に、クロスバイクのスピード感、爽快感がある感じです。

そもそもベースはダウンヒルバイクから徐々に街乗りになっていったバイクなので、ハンドルも通常のフィットネスカテゴリータイプより長めです。(720mm)

つまり街中が遊び場と化します。笑

コーナーとか攻めたくなっちゃいますよ!!

またフレームはOPI(ワンピースインテグレーション)スマートフォームドフレームを採用しており。アルミフレームなのにすっきりとしたスタイルに仕上がっています。

ごめんなさい写真だとロゴメインになっちゃってますが溶接の所です。もっと引きで撮ればよかった・・・

パイプとパイプを接合すると接合部に溶接痕と重量がかさんでしまいますが、3D鍛造で一体成型をしていますので軽く高剛性を実現しています。

 

トップチューブにはリフレクティブトップチューブバンパーを採用。

柵や壁にたてかけた際などにフレームを守ってくれます。

BAD BOY2はメトレアを採用!1×11速です。個人的に街中で足りないってことはなかったです。シマノ105の11-32Tスプロケットが入ってます。

BAD BOY1は内蔵ギアでもっとスッキリしてます。

フロントはロードバイクのラインナップでお馴染みSiクランク採用!!38Tです。

BAD BOY1はベルトドライブです。

色々お伝えしたいことがありすぎるので、僕以上にBAD BOYについて熱く語ってくれるキャノンデールマーケティングマネージャーのジェームスさんにバトンタッチしたいと思います。

現地から中継です。

以上現地からでした。

bikeport湘南ベイサイド店にはBAD BOY4が展示してありますのでぜひ一度実車を見に来てください。(※2018/1/28現在)

 

 

 

過去のバイクポートのお知らせはこちら