横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

走ってきました!!! 稲城クロス  レースレポート ~Bikeport R.R Team シクロクロスレースブログ ~

こんにちは! bikeport木村です。

最近、かなりの距離を走りこんでまして自分でも驚くぐらい、やる気MAXでした。(仕事も!!)

なぜかというと…。

そう! やっとキマシタシクロクロスバイクのシーズンが!!

去年12月に、常連様がシクロクロスレースに興味を持ち始め、

2回のレースを経験し、

それに興味を持った方々が次々と集まり…

今となってはbikeport内でシクロブームが沸き起こってます!

スタッフKも、元々興味があって色々と知識だけはあったのですが…バイクとやる気を持っておらず、、

でも、一度参加してしまえばハマってしまいました。笑

3回目のレースということで、色々準備しやってまいりました!!

 

2週連続出場のレースブログになります。

まずは2019年第1回、稲城クロス!!

今回は、連絡が遅くなったため参加人数は少なめでしたが、

いつもの楽しいメンバーで参戦。(参加者 4名 応援団? 4名)

8時頃会場に到着。  今回初参加の為駐車場を探すのに苦労しましたが、とても良い感じのコースが広がっていました。

まずは、C4 (カテゴリー 4 ) 参戦のbikeport R.Rメンバー木村が出場。
今回はかなり意気込んでました。9月走行距離は270㎞、獲得高度は7500ⅿ。すごく頑張りました。(え?って思う方…あなたが普通じゃないだけです。)

後程bikeport R.R Teamブログにて個人レポート上げます、笑 とりあえずは楽しさ100%で出場!!

番号16。3列目と好ポジションでした。この時の気分は恐ろしいほど…緊張してました、笑 (周りの雰囲気も、ガッチガチやで!!)

でも、隣の方達に声をかけてみればとても気さくな方達ばかりで、お互いに「緊張しますね、笑」とか、「道間違えないか不安です笑」とかそんな話をして和やかなムードに包まれながら…

スタートしました。

スタートは…凄まじい気迫と土煙で集団が前へ前へと進んでいきます!!

最初のスタートではやはり前の選手につっかかり動けず、たしか14番手で1周目を通過。

2周目はどんどん追い越していきましたよ~ 途中1位に!!

応援してた方から、「今回は本当に優勝じゃないか??」とざわざわしてたようで。

いつも通りその期待を裏切り3周目には4番手まで後退。原因は体力切れ。笑

原因の原因としては…

車体トラブル…。

1周目の階段を登り切った後の車体に飛び座る?際… 思い切り膝でサドルを蹴っ飛ばしてしまったせいか…

ポストが若干緩んでしまいました…自分の整備ミスの可能性もアリはしますが、走行中かなりの振動があるのでボルト等の緩みが

あると少しでも命取りです。

これは今後の勉強として反省。

3周の途中から、どんどんサドルが下がりついに一番下まで…。

直線は捨てました、笑

ですがコーナーは誰よりも速いと信じ、無理せず後ろからプレッシャーをかけながらどんどん抜かせるポイントで頑張ります。

途中から焦りが出たのか、コーナーで抜かそうとしますが流石に無理でした。

コースがかなり狭いため、どこで抜かすかが今回のレースで重要だと学びました!!

基本的には立ち上がりで前の選手より早くトップスピードへ持ち込むのですが…

流石にサドルが低いと立ち上がりはダメでした、笑

 

何だかんだ奇跡もあって、

得意のコーナーで差を詰め、

最後落車しながらも、

今回のレース結果…何とか3位入賞致しました!

やっと…表彰台に登りました…。笑

頑張ったら、結果に繋がるのだと初めて知りました。(この年でそれを知るのは、まずいですかね?笑)

次の湘南シクロクロスではC3 (カテゴリー 3)に上がるため、今回のレース以上にレベルが上がります。

引き続き練習しないと、笑

 

お次は、

CL3 (カテゴリーレディース 3)です!!

bikeport R.Rから可愛いお二人が参戦です。   右:bikeport R.R 大釜選手   左: bikeport R.R 有海選手

女子レースも、会場大盛り上がりでした!!!

 今回大釜選手は、体調悪いため手前まで棄権予定だったのですが、気合で出場。速度は出ずとも気合で走ってました!!

この笑顔はどこから出てくるのか…

愛車の Cannondale CAD X (キャノンデール キャド X ) で数々の修羅場をくぐってきたためか走りはとてもスムーズ。

前の選手に食いついていくこの闘争心、最高です!!!

愛車とともにカッコ良くゴール!! お疲れ様です!!

ゴール後は疲れすぎて地面に座り込み一息つきました笑

今回初出場の有海選手は最近ハマってしまったMTBで出場!! 2019 GIANT Fathom 1 ( ジャイアント ファゾム 1 )

実は…ご本人様には言いにくいのですが最近走っていなかったためか…走りがすこ~し、衰えていたような…笑

でも、今回は下見&楽しく走るという目的を忘れず前を向いて走ってます!!

この笑顔!!

楽しく走った部門ではおそらく優勝。(ゴール後、かなり〇にそうな顔写真は伏せておきます。)

お疲れ様でした!!

お次は…

bikeport期待のルーキー!!!! I君の登場!!

今回は年齢別がかなり微妙だった為、オープンで参戦…。

カテゴリー オープンが始まる前、いつも大変お世話になっているGIANT JAPAN 斎藤選手にお会いしました。斎藤選手は数々のシクロクロスレースで大活躍し今は海外でも戦っている凄い選手です!! とても恐れ多いのですが色々シクロクロスの話をしてました。

今回はシクロクロス教室の講師として来られたそうなのだが、

「後程、オープンに出場しますので是非見てってください!!」

…背筋が凍りました。

 

I君エントリー前日。

I君「Kさん、エントリーはどのカテゴリーにすれば良いですか?? C4ですかね。」

スタッフK「うーん、C4だと超速い木村という選手いるから楽しめないよ。」

I君「そしたらどれにエントリーすればよいですかね?」

スタッフK「明日確認するよ!!」

主催者に連絡…つながらない為、

スタッフK「オープンで出よう!! そこならみんなどうせ初心者ばかりだろうし、ほら、13歳の子もでてるっぽいからいけるイケる! 絶対優勝だよ。」

「分かりました。オープンにエントリーします。」

その結果…。

 

絶対に遅くない、CⅠ (カテゴリー 1 )どころか、その上のまた上を走っているであろう最強が集まってました。

…ごめん、I君。恨まないでくれ。

 

スタートしました。見ている自分は恐怖で怯えてました。

先頭集団の速さは尋常でなく、I君は一瞬で消えてしまいました。(土煙で)

「頼む!無事でいてくれ!」

応援している誰もがそう願っていました。

スタートして2分後、応援しているみんなの目線には、

I君~!!!!!! 無事でした!!!!

むしろなかなか速い…。

周りの観客からは、大声援が。

これはシクロクロスのすごく良い風景ですね~。

チームメンバーだけでなく、走っている全員の選手を応援する。

走っている選手は、その声で頑張れます。

私もI君のこれからも成長していく背中を見て、大きな声で応援しました。

「がんばれー!!」

結果はどうであれ無事完走!!

お疲れ様!!

みんな頑張りました!!

KさんとKさん、応援ありがとうございました!! 次は是非フィールドでお会いしましょう!

ゴール直前で落車。疲れ切ってました、笑

GIANT JAPAN 斎藤選手 かなり後ろからのスタートで、ダントツ優勝!! 見ていてとても興奮しました!!!

斎藤選手についても、後程チームブログにて。

今回も怪我なく無事にレースを終えました。

皆様お疲れ様でした!!!!!!!!!!

次回は、湘南シクロクロス ㏌ 湘南国際村 でお会いしましょう。

…後程すぐにブログUP致しますのでお楽しみに。

以上、木村でした。

 

今回スタッフ木村使用車体

2019 GIANT TCX ADVANCED ( ジャイアント TCX アドバンスド )

ペダル SHIMANO PD-M8100 XC

過去のバイクポートのお知らせはこちら