横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

スタッフの声

こちらのページでは実際に弊社で働いているスタッフの声を掲載しております。

当たり前ですが、会社側から内容を指示したものではありません(笑)生の声ですので是非参考にしてみてください。

 


 

「私は自転車の専門学校、東京サイクルデザイン専門学校を卒業し、このbikeportで働き始めました。専門学校で学んだ知識や技術を活かし、車体のご案内やカスタマイズのご提案をしています。…とはいえ学校とお店では勝手が違う事もあり、特に当店ではメーカー、ジャンル問わず様々なバイクの修理やカスタマイズを受け付けておりますので、日々勉強です。そんな私も働き始めて2年目に突入し、有難いことに私を指名して作業依頼をして下さるお客様がいらっしゃり、そういった期待やお褒めのお言葉が大変嬉しく、今の私の大きなやりがいとなっています。

私がこのお店でとても良いな、と思うところは、「自転車を売るだけが目的ではなく自転車を楽しんでいただくためにお客様それぞれにに合った車体やカスタマイズをご提案する」と言う考えが社内で共有されている点です。これはまさに私が自転車を提案する上で1番大事だと思っていた事でした。私もこの考えを常に持ち、これからも自転車のある楽しいライフスタイルをご提案し続けていきたいなと思います。」

 

 


 

2019年4月より、新スタッフとして働かせて頂くことになりました、奈須野 勝亮(なすの かつあき)と申します。私の前職は、進学塾講師(主に大学受験指導)、大学院助手などでした。(どうしてこのような転進をしたかは、直接お話する機会でもあれば。。。)正直申して、前職とは大きく業務内容が異なるため、戸惑うことは多々あります。しかし、諸先輩方が懇切丁寧に指導してくださり、とてもありがたいことです。

【新しい発見の日々】

私は、もともと自転車がとても好きで、日々、自転車に触れることができるのが喜びです。また、bikeportはスポーツバイク専門店でありながら、一般車(いわゆるママチャリ)の修理依頼も受け付けております。修理方法、使用機材などが大きく異なる一般車については、修理依頼をお受けしない、というスポーツバイク専門店お店も多い中、一般車の修理受付も歓迎、というbikeportは、異例の存在かもしれません。

これは、多くの方に自転車を通じて、楽しいライフスタイルを送っていただきたい、喜んでいただきたい、というbikeportの運営理念の現れであると思いますが、お陰様で、スポーツバイクのみならず、一般車、電動車、車椅子、果てはキックボードといった異色のバイク(!?)の修理依頼まで頂いております。

そのため、bikeportでの勤務は、他のスポーツバイク専門店様と違って、スポーツ車のみならず、ありとあらゆる車体について、多様な経験を積むことが可能です。

そして、前述しましたように、経験豊富、人柄にも優れた諸先輩方がいらっしゃるお陰で、たとえ、今まで一度も車椅子、キックボードの修理などしたことがない!!といった状況であっても、しっかりフォローして頂けるため、不安はありません。

 

【最新のトレンド、実体験に即した知識、経験が得られる】

さらに、スポーツバイク専門店として、スタッフが修理、メンテナンスの技術に優れているだけでなく、現役でレースに参加、活躍しているスタッフ、海外に自転車を運び現地で走るというスタッフなどがおります。そのため、最新のトレンド、技術など、対しても迅速に対応することが可能です。そして、上記の内容は、例えば新スタッフについても、最新のトレンド、技術を習得する機会が豊富である、ということでもあります。

実は私、マウンテンバイクのダウンヒルというものを経験したことがなかったのですが、入社して2週間後に、当店主催のダウンヒルイベントに参加することになりました。

結果は、車体ごと、前方に派手に回転する、という珍事、惨事もありましたが、大きな怪我もなく、楽しく、素晴らしい体験をすることができました。また、使用機材は、複数の最新ダウンヒルマシンで、これらの新しいマウンテンバイクを使って実際にコースを走ってみる、という貴重な体験をすることができました。

このように、bikeportでは、単にカタログ上、webサイト上の知識だけでなく、スタッフが実際に最新パーツ、車体などを使い、実体験に即した知識、経験を得る機会が豊富にあります。

 

【実際に働いてみた感想】

働いている全てのスタッフの方が、一般市民の方々に比べると、当たり前かもしれませんが、極めて自転車が好きな人たちが集まっています。そのため、各員の好みといいますか、ライフスタイルといいますか、そういう方向性が皆、似ています。ゆえに、プライベートでも、スタッフの方との会話、雑談の内容に困るといったことは皆無ですし、今までこれほど自転車が好きな人々の集団に囲まれたことがなかったため、とても楽しい時間を過ごさせていただいております。また、私は、テントや寝袋などを積んだ長距離の自転車ツーリングが好きで、そういったツーリングは軽量、コンパクトなアイテムが重宝され、ゆえに、登山用品に求められる性能と共通点が多いのです。そして、私の大好きなアウトドアブランドと、とあるスタッフの方が猛烈に好きなブランドが全く一緒であったことがありました。

前述のように、自然と似たような趣味、考えを持った人たちが集まるようで、居心地がとても良いです。

 

【結論】

bikeportは、基本的に、どのようなお客様でも拒絶しない、という間口の広さ、技術力の高さ(従来型の車体のみならず、最新のモデルまで対応可能)、接客技術の高さ(2018年のGIANT販売実績が日本一、GEC GIANT-Experience-Centerの認定を受けている神奈川県唯一の店舗)、スタッフの明るさ(私もお客様に、今日は楽しかったです、などとおっしゃっていただいたことがあります。また、必ずしも真実とは限りませんが、各種口コミ等の評価の高さ)、イベントの豊富さ(Facebook、ブログで多数掲載されています)などが優れていると思います。

(いい意味で)ちょっと普通ではないbikeportで、働いてみませんか。

 

以上、僭越ではありますが、スタッフの声として、奈須野が記述致しました。

 


 

※求人ブログ用コンテンツ。元の記事はこちらです。

BIKEPORTのスタッフとして新しいライフスタイルを送ってみませんか?

過去のバイクポートのお知らせはこちら