横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

林道、砂利道などの非舗装路から、舗装路、ロングツーリング、通勤、通学まで GIANT REVOLT 2

皆様、こんにちは!!
Bikeportスタッフの奈須野です。

本日は、林道、砂利道などの非舗装路から、舗装路、ロングツーリング、さらには通勤、通学にも使用可能という万能車、 GIANT REVOLT 2 ¥135,000(税抜)をご紹介します。


1 概要
SIZE : 430(XS),450(S),470(M)mm
WEIGHT : 10.4kg(430mm)
FRAME : ALUXX-Grade Aluminum OLD142mm,D-FUSE Seat Pillar
FORK : Advanced-Grade Composite,Full Composite OverDrive Column 12mm Axle
DRIVETRAIN : SHIMANO SORA
CRANK SET : FSA VELO PRO
BRAKES : SHIMANO SORA + GIANT CONDUCT HYDRAULIC DISC BRAKE SYSTEM TR 160mm Rotors
TIRE : GIANT CROSSCUT AT 2 700x38C Tubeless Ready
SPEED : 18 Speed


2 38cタイヤ


38Cという太めのタイヤを履いているため、林道、砂利道といったオフロードを走行可能です。
また、ブロックパターンが、セミブロックとなっており、オンロードや街中での走行も可能です。
オフロードもオンロードも走ることができる、という汎用性の高さがREVOLTの特徴です。


3 ロードバイクと異なる点
一見すると、ロードバイクに似たREVOLTですが、ロードバイクとは異なる点がいくつもあります。


たとえば、シートステイ(リアホイールの上側にある、斜めのチューブ)がトップチューブ(バイク前方の逆三角形の、水平に近いチューブ)よりも大幅に下げられて接続されています。
通常のロードバイクは、シートステイとトップチューブが接続されているのですが、REVOLTはこれをずらしています。
その理由は、シートステイを下方にずらすことで、リアホイールからの衝撃を吸収するためにあります。
他にも、オフロードでの走行時に安定して走りやすくなるように、ロードバイクよりも低重心の設計になっております。


4 マウンテンバイクと異なる点
REVOLTはオフロードのみに特化したバイクかというと、そうではありません。
オフロードに特化したバイク、すなわちマウンテンバイクで街中を走るのは、タイヤの路面抵抗が非常に大きいこと、サスペンション機構などで車体重量があることなどから、自分は、街中であってもマウンテンバイクで走んだ!!という強い意志、かなり趣味嗜好といいますかスタイル重視、そういう価値観は全く否定致しませんが、率直に言って走りは重いです。
REVOLTであれば、舗装路に特化したバイクであるロードバイクほどではありませんが、十分に軽量(10.4kg(430mm))で、前述しましたように、タイヤもマウンテンバイクより軽量、路面抵抗が少ないパターンのものを採用しています。
舗装路も軽快に走ることができる、これがオフロード専用のマウンテンバイクと異なるところです。


5 1台で走行可能
特に、我々が生活している日本の場合、たとえば林道に遊びに行こう!!と思っても、途中までは普通に舗装路があったり、といったように、舗装路と非舗装路が混在していることが多々あります。
すべての区間をロードバイクで走るのは不可能で、かといってマウンテンバイクで現地まで行くのもしんどい。
REVOLTであれば、そういった場合でも、一台でこなすことが可能です。


6 通勤、通学にも
38cというと、ちょうどシティサイクル(いわゆるママチャリ)と同じくらいのタイヤの太さで、街乗り用途としても活用可能です。
舗装路でもしっかりグリップしてくれますから、ロードバイクの細いタイヤでは不安だ、という方にぴったりです。

標準でダボ穴を装備しており、キャリアやフェンダー(泥除け)の装備が可能です。


7 ロングライドも可能
ダウンチューブ(前方逆三角形の前方側チューブ)の下をよーく見ると、ボトルケージ取り付けボルトが見えます。


REVOLTは標準でボトルケージを3つ搭載することが可能で、通常のロードバイクよりも積載量が豊富です。
これは何を意味するかといえば、REVOLTはロングライドにも向いたバイクである、ということです。
すなわち、数百キロにも及ぶロングライドで気になるのは、補給をどうするか、パンク修理などのキット類をどうするか、で、通常は、ボトル1つ、ツール缶1つなどの構成をとることが多いものの、夏場では、峠を1つ超えるたびにボトルが1つ空になってしまう。。。ということも日常茶飯事。
REVOLTであれば、飲料用のボトル2つ、ツール缶1つといった構成をとることが可能です。
飲料用のボトルを2つ持つ利点は、単に量が2倍になる、というだけでなく、中身を変えることができる、という点にあります。
つまり、一つは高カロリーな栄養補給用ボトルとして、もう一つは水分補給、万一擦過傷などを負ったときの消毒用、猛暑をしのぐ被る用などの純粋な水といった、使い分けができるのです。


8 油圧ディスクブレーキ


REVOLTの最大の特徴である、汎用性の高さについてご説明してきましたが、それ以外にも多くの魅力があり、ご説明します。
油圧ディスクブレーキを採用しています。
荒天時、急坂でもしっかりとした制動力を発揮してくれるため、非舗装路、舗装路でも安心して乗ることができます。

12mmスルーアクスル採用で、ディスクブレーキ使用時にも、たわみの少ない高剛性を確保しています。
なお、スルーアクスルとは、車輪の軸がフロントフォーク、リアエンドを貫通している、というもので、従来のクイックリリース式よりも固定力、安全性が高いことが利点です(反面、車輪の着脱は時間がかかります。とはいえ、1分も差がない程度です)。


9 メインコンポーネント


メインコンポーネントには、 SHIMANO SORAを採用しています。
ロードバイクでも定評のあるコンポーネントで、精度、耐久性、価格と性能のバランスに優れたモデルです。


10 まとめ
週末は林道に遊びに行き、普段は通学、通勤用に使う。
非舗装路から、舗装路、さらにはロングツーリングもこなすREVOLT 2。
REVOLT 2が一台あれば、様々な場面で活躍をしてくれます。
bikeport横浜西口店では、多数の実車を店頭に揃え、皆様のご来店をお待ちしております。


本日はこのあたりで宜しいと存じます。
それでは、皆様、次回お会いするときまで、ごきげんようです!!
以上、bikeportスタッフの奈須野でした。

過去のバイクポートのお知らせはこちら