横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

新宿都庁前店 Cannondale F400 2003年モデル オーバーホール その1

皆様、こんにちは!!
bikeport新宿都庁前店の奈須野です。

本日は、ヴィンテージCannondale、2003年モデルのF400、オーバーホールについて記します。

オーナー様は、チームカラーモデルである、本車体に、ものすごく思い入れがお有り、とのことで、通常のオーバーホールであれば、代替パーツは最新、現行のもので補うものですが、可能な限り当時の仕様のまま復活させる、というハイレベルなオーバーホールとなりました。

まず、パーツの交換が必要な程度まで、ダメージが進んでいるのかどうか、車体を拝見しながら、電子メール等で入念に打ち合わせをしていきます。
オーナー様のお仕事の都合上、電子メールでのやり取りが至便とのことで、電子メールでのやりとりを20回ほど繰り返しました。

パーツ類は可能な限りオーナー様が調達する、というご意向でありましたから、当店では仕様やサイズなどをご助言するに留めました。

当初のお問い合わせから、一ヶ月ほどでパーツが揃いました!!
いよいよ、オーバーホール開始です!!


まず、車体の状態を入念に撮影しておきます。




オーナー様のお好みのセッテング、位置などがありますから、サドルの高さについてはテープを貼付して、記録します。


チェーンリング、クランクはかなりダメージが進んでいます。

今回はユーズドながら、状態の良いクランクセットをオーナー様が調達してくださいました。


フロント、リアディレイラーも交換です。


なんと、フロントディレイラーは、当時のデッドストックを新品でご用意くださいました。
Shimanoのパッケージが現在のものとは、だいぶん雰囲気が違いますね。


ペダルを外します。
グリスが抜けきっているようで、かなり固着しておりました。


ワイヤー類をカット、除去します。


グリップを除去。


ヴィンテージバイクでの、最大の難関、ボトムブラケットです。
BB周辺部はかなり汚れが溜まっておりまして、BB外し工具を入れるのも難儀いたしました。
フレームを傷めないように、ハンマーを使って、BB用の工具をはめ込んでいきます。


BBが外れました。
かなり汚れ、ダメージが進んでおりますね。
BBも交換です。


フレーム各所にも汚れ、傷があり、可能な限り除去していきます。


HANDMADE IN USAのペイントが燦然と輝いています。


作業台でフレームを回転させながら、クリーニングを続けます。



前述しましたように、可能な限り当時のスタイルを再現する、ということで、9速のDEORE XTを装着いたしました。


フロントは、これまた前述しましたように、新品です。


グリスを十分に塗って、BBを交換します。


本日はこのあたりで宜しいと存じます。
それでは、皆様、次回お会いするときまで、ごきげんようです!!
以上、bikeport新宿都庁前店の奈須野でした。

新宿都庁前店 Cannondale F400 2003年モデル オーバーホール その2

過去のバイクポートのお知らせはこちら