横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

新宿都庁前店 初めてのロードバイクに GIANT CONTEND2 ジャイアント コンテンド ¥94,600(税込)

皆様、こんにちは!!
bikeport新宿都庁前店の奈須野です。

春になりました!!
いよいよ、本格的なサイクリングシーズン到来!!

今年の春から、新しくロードバイクはいかがですか。
東京であれば、多摩川沿いなどがサイクリングロードも充実しておりまして、走りやすくなっております。


さて、本日ご紹介するのは、初めてロードバイクに乗る方にピッタリなGIANT CONTEND2です。


1 概要
SIZE
430(XS),465(S),500(M),535(ML)mm

WEIGHT
9.9kg(465mm)

フレーム
ALUXX-Grade Aluminum,D-FUSE Seat Post

フロントフォーク
Advanced-Grade Composite,Full Composite OverDrive Column

ギアクランク
FSA TEMPO Compact

変速パーツ
SHIMANO CLARIS

ブレーキセット
SHIMANO CLARIS + TEKTRO TKB177 with TEKTRO Sub Lever

タイヤ
GIANT S-R3 AC 700x28C

シフト段数
16 Speed

付属品・仕様等
※ペダル付属 (重量はペダル未装着時)

COLORS
マットチャコール, レッド, ブラック

2 初めての方にピッタリな理由
GIANT CONTEND2は、GIANTのロードバイクラインナップの中で、最もお値段が控えめのモデルです。

お値段が控えめだから、初めての方にピッタリなのか。
いいえ、そうではありません。

確かに、何か新しい趣味を始めよう、という場合には、続くかわからないから、本当に好きなのかわからないから、といった理由で、可能な限り初期投資を抑えようとするものです。
しかし、GIANT CONTEND2が初めての方にピッタリというのは、お値段が第一の理由ではありません。
以下、詳述します。

初めてロードバイクに乗る方は、そのハンドリングの機敏さ、加速性能の高さなどにびっくりなさると思います。
しかしながら、これは裏を返せば、少しハンドルを切っただけでぐるんっと曲がってしまう、少し重心を傾けただけですてーーーんと転びそうになる、加速性能が高いのは良いが乗り心地がゴツゴツしすぎる、といった捉え方もできます。

(1) まず、旋回性能について。
ロードバイクの歴史は、ロードレースの歴史でもありました。
ロードレースでいかに勝利をおさめるか、それが一番重要であったのです。
そのため、レースで相手を出し抜くために機敏に動ける車体、高速コーナーであっても素早くクリアできる車体が求められてきました。
GIANTであれば、TCRシリーズなどがこの系譜にあたる車体で、基本的にはレースで勝つことを目的としたモデルです。

しかし、ロードバイクが市民権を得て、必ずしもロードレースに参加するだけが目的とはいえない使い方をされるようになりました。
ロードバイクを通勤、通学に使う、ということも一般的になりつつあります。

そうなりますと、必ずしも旋回性能が高いことが良い、とは言えなくなってきたのです。
街中でヘアピンコーナーを突破することなど無いでしょうし、複雑なクランクを処理することなど無い。
むしろ直線をいかに安全に、ラクに走ることができるかが重要になってきました。
このようなトレンドに沿って開発されたのがCONTEND コンテンド です。

レーシングバイクであるTCRに比べて、CONTENDはフロントフォークが寝ています。
つまり、TCRほど直立していません。

これは何を意味するかといいますと、ハンドリングがTCRほどクイックではない、ということです。
前述しましたように、クイックにしないほうが良いからそうしている訳です。

(2) 次に、チェーンステイ(リアセンター)がTCRよりも長いです。

チェーンステイとは、チェーンの下にあるパイプで、この部分が長いほど車体の旋回がゆっくりになるため、直進安定性に優れます。
さらに、パイプが長いほど後輪の突き上げをいなしてくれるため、衝撃吸収性に優れます。

(3) そして、BBハイトがTCRより低くなっています。
BBハイトというのは、路面とボトムブラケットの距離のことで、同じSサイズでもTCRより5.5mm低くなっています。
これは、CONTENDのほうがより、低重心の車体となっていることを意味し、低重心であるほうが直進安定性に優れます。
さらに、これはまったく悪意があるわけではないのですが、高い重心のバイクは乗りこなすことが難しいです。
少し重心を傾けただけでバイクがスッと旋回し、いえ、それがレースシーンでは重要であるのですが、街中を走行するときは動きが機敏過ぎて使いにくい。
さらに、、雨の日や悪路でバランスを失いやすい、といったマイナス点もあります。
そういう訳で、CONTENDは意図的に5.5mmもBBハイトを下げて、マシン全体の重心を引き下げているのです。

(4) オフセットシートステイ
シートステイとトップチューブが直結していません。
おおよそ35mmもシートステイとトップチューブに段差(オフセット)が設けられています。

これは、リアホイールからの突き上げを一旦シートチューブが受け止めて、衝撃をダイレクトにライダーに伝達させないための工夫です。
衝撃吸収性に優れた機構です。
あえて欠点を申し上げますと、リアホイールの反応性が下る、敏捷性が下るため、爆発的な加速力、スプリントなどが求められるレースマシンでは採用されません。
しかし!!
CONTENDは、そのようなスプリントなどしないのであるから、衝撃吸収性の良さを優先させるべき、という設計思想であります。

(5) サブブレーキ
CONTENDは始めての方であっても、不安なく、のんびりゆったり走ることを想定して開発された車体です。
ドロップハンドルは、複数握る箇所がありますが、一番のんびり走るときはハンドルバーを横向きに持ちます。
この場合、通常のロードバイクでは、ブレーキレバーが無いため、とっさにブレーキをしようとすれば、一度手を離してSTIレバーなりを握る必要があります。
しかし、この、一度手を離すということが、お慣れでない場合には、なかなか怖い行為です。
CONTEND 2であれば、サブブレーキが標準装備されいるため、横ハンドルを握ったときであっても安心してブレーキをかけることが可能なのです。

(6) 少し太めタイヤ 28C
純粋なレースマシンであるTCRは、25Cのタイヤを履いています。
CONTENDはそれよりね少し太めの28Cタイヤです。

タイヤは円筒形であるため、1サイズ大きくなるだけで、内部に含まれる空気量は20%前後も増えまして、この増えた空気の分だけクッション性、衝撃吸収性が良くなります。
さらに、太いタイヤのほうがグリップ力がますため、段差、コーナリングなどでも安心できる、というわけです。

TCRの擁護をするとすれば、レースシーンでは相手を追い抜くための瞬発力、爆発力も必要でして、太いタイヤの場合はその俊敏性が失われるため、TCRは25Cタイヤを採用している、というわけです。

さらに、細いタイヤのほうが重量的にも有利で、この点も俊敏性のアップにつながります。
が!!
これらの要素は通勤、通学時にはほとんどメリットと言いづらく、市街地の走行であれば、クッション性を重視した28Cのほうが走りやすいと思われます。

このように、CONTED 2は、お値段が控えめだからエントリーモデルなのではなく、むしろ初めてロードバイクデビューをする方が乗りやすいように、種々の工夫がされているのでエントリーモデルというべきなのです。

その他の特徴を申し上げます。


3 Shimano ClariS
コンポーネントはShimano ClariS クラリスです。

ロードバイクコンポーネントとしてはエントリークラスであるものの、数万キロ走行にも耐えうる堅牢性を持っております。
さらに、8段変速のバイクはチェーンが105やアルテグラに比べて太いため、摩耗に強く、交換パーツ代も抑えることが可能です。


4 GIANT APPROACHサドル
今年度のモデルより、GIANT APPROACHサドルが採用されました。
中央部がくり抜かれたサドルで、長時間のライドであっても体への負担の少ないデザインとなっています。

もちろん、GIANTの拡張規格であるUNICLIPシステムを搭載しておりまして、サドルバッグ、LEDライト、フェンダー、ボトルケージ、CO2ボンベなど、状況にあわせて様々なオプションを装着、交換することが可能です。


5 カーボンフォーク
CONTEND2は基本的にはアルミフレームのバイクですが、フロントフォークはカーボンです。
アルミ合金と比べて、カーボンのほうが衝撃吸収性に優れるため、ライド時にもっとも衝撃が加わるフロントフォークをカーボンにしてあります。


6 ケーブル内装
2020年モデルより、CONTENDもケーブルが内装式に進化しました。
空気抵抗の低減と、ケーブルが外部に露出しないため、ケーブルの劣化を防いでくれます。
また、スッキリとした外観になります。

いかがでしたか。
GIANT CONTEND2であれば、初めての方であっても安心して、楽しく、ロードバイクデビューが可能です。

bikeport新宿都庁前店では、多数の展示車をご用意して、皆様のご来店をお待ちしております。


本日はこのあたりで宜しいと存じます。
それでは、皆様、次回お会いするときまで、ごきげんようです!!
以上、bikeport新宿都庁前店の奈須野でした。

bikeport新宿 都庁前店 オープン!!

新宿都庁前店 通勤、通学、ロングライドにも グラベル、本格シクロクロスバイク GIANT ジャイアント TCX SLR2 2020 ¥209,000(税込)

新宿都庁前店 通勤、通学、本格レースにも対応可能。フルカーボン 105 GIANT ジャイアント TCR ADVANCED 2 KOM 2021 ¥210,000(税抜)

過去のバイクポートのお知らせはこちら