横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

手組 カーボンディープリムホイール 組上編

皆様、こんにちは!!
Bikeportスタッフの奈須野です。

本記事は、手組 カーボンディープリムホイール 準備編の続きとなります。

手組 カーボンディープリムホイール 準備編


パーツがすべて揃い、いよいよ組上げとなりました。
(なお、本記事後半に、20MBほどの動画が掲載されております。通信速度によっては閲覧に時間がかかることがございます。)

1 スポーク長の算出
まず、スポーク長の算出をします。
スポークの長さというのは、使用するリム、ハブ、組み方等によって変化するものでして、それを計算する必要があるのです。
今回は、DT SWISS社のSPOKE CALCULATORを用いました。

使用するリム、ハブを指定します。
スポークを入れる穴と穴の直径、いわゆるPCDの長さをノギスで正確に計測します。

ハブの中心から、フランジの中心までの距離をこれまた計測します。

組み方、スポークの本数を入力します。
などなど、入力を続けて、

ドライブ側258mm
ノンドライブ側253mmとの計測結果が出ました。


2 スポークカット、ねじ切り
スポークの長さが決まったら、次はスポークカットです。
専用工具を使って、スポークを切ります。

スポークカット後は、スポークのねじ切りをします。

このようにして、24本のスポークを用意します。


3 仮組み
仮組みをしていきます。

ノンドライブ側は、放射状に張る、ラジアル組のため、シンプルです。


スポークのテンションがかかっていないので、ドライブ側のスポークがまだ湾曲しています。


4 振れ取り
振れ取り台でスポークのテンションを上げていきます。

時間をかけて、入念にフレをとっていきます。


5 完成

リムテープ、チューブ、タイヤを装着して、完成です!!

なお、カーボンホイールの場合、ブレーキシューによるリム面へのダメージを最小限に留めるため、カーボンホイール専用のブレーキシューが必要となります。

今回の手組み、カーボンディープリムホイールは、パーツ代、工賃込みで合計99,970円(税込)となりました。
50mmハイトのカーボンディープリムであることを考慮すれば、極端に高いお値段ではない。。。と思われます。
また、手組みであれば、オーナー様の細かなご要望にお応えすることが可能です。
さらに、本記事のように、専門技術的なことはおまかせする、虹色のホイールにしてくれ!!という大まかなご指示であっても、お客様とのお話の中で、お好みのプランを練り上げることができます。
世界に一つしかない、オリジナルホイールで、楽しい自転車ライフを送ってみませんか。
(本記事では、カーボンディープリムホイールでしたが、練習用、ツーリング用にものすごく頑丈なホイールを組んでほしい、といった耐久性重視のホイールを組むことも可能です。)
bikeport横浜西口店では、様々な手組みホイールのご依頼をお待ちしております。

本日はこのあたりで宜しいと存じます。
それでは、皆様、次回お会いするときまで、ごきげんようです!!
以上、bikeportスタッフの奈須野でした。

過去のバイクポートのお知らせはこちら