横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

女性向け、20インチミニベロ、AMICA(アミーカ)

皆様、こんにちは!!
Bikeportスタッフの奈須野です。

今回は、GIANTの女性向け、20インチミニベロ、AMICA(アミーカ)¥49,000(税抜)をご紹介します。

 

©GIANT


1 概要
SIZE : 380(S)mm
WEIGHT : 10.6kg
FRAME : ALUXX-Grade Aluminum
FORK : Aluminum,Cr-mo Column
DRIVETRAIN : SHIMANO TOURNEY TX
BRAKES : TEKTRO
TIRE : KENDA K193 20×1.5
SPEED : 8 Speed
COLORS : マッチャ, コーヒー


2 20インチホイール

(1) AMICAは、GIANTの女性向けライン、Liv(リヴ)の小径車です。
まず、目を引かれるのは、ホイールが20インチであること。
スポーツバイクは700Cサイズのホイールを使うことがほとんどですが、AMICAは20インチのホイールを採用しています。
ホイール経が小さいことには、長所と短所があります。

まず、長所としては、こぎ出しのエネルギーが少なくて済むことです。
大きな車輪を回すよりも、小さな車輪のほうが、スタート時のエネルギーが少なくて済む。
街中では、信号、交差点などが多く、頻繁なストップアンドゴーを繰り返されますが、それが楽になります。

次に、車輪径が小さいことで、車体全体が小さくなります。
市街地では、車道ではなく歩道を走る必要に迫れたり、ポールの間をすり抜けたり、はたまはた人の洪水の中を渡ったり。。。など、走行上、様々な障害があります。
小径車は、車体が小さいので、上記のようなモノ、人をするすると回避しやすくなります。

そして、車体が小さいため、車重自体が軽量になります。
横浜など、坂道の多い都市では、くねくねと曲がった先に、いきなり階段!?が出現し、持ち上げることを余儀なくされたりします。
AMICAであれば、10.6kgと軽量であるため、担いで移動することも可能です。

最後に、お住まいの環境にもよるでしょうが、スポーツバイクというのは屋内に保管することが基本で、これはAMICAも同様です。
軽くて、小さなAMICAは、屋内に移動させることが楽です。

(2) さて、いままで小径車の利点を挙げてきましたが、もちろん、短所もあります。
ホイールが小型、軽量であるため、ロードバイク等に採用されている700Cホイールに比べて、運動エネルギーを保持しづらく、速度を維持することが難しいです。
小径車の平地で、時速40kmを維持する、といった走り方は、かなり困難です。
が!!
先述しましたように、そもそも街中で、そこまで高速に疾走できる長い区間があるとも思えず、街中での使用を主目的とするのであれば、この短所は、ほとんど短所といえなくなります。

また、ホイール経が小さいと、その分、ホイールがたわみにくくなります。
つまり、700Cなどに比べて、硬いホイールになる、ということです。
が!!
AMICAはそのあたりも、十分考慮されていて、1.5インチ(38mm相当)という太めのタイヤを履いています。
ロードバイク等は25-30mmのタイヤを履くことが多いものですが、太いタイヤほど空気を多く保持できることから、クッション性がよくなります。
つまり、ホイールの硬さからくる乗り心地の悪さを、太めのタイヤを履くことで克服している、というわけです。

このように、見た目がやや珍しいことから、最初の一台として小径車を選ぶ方は少数であるものの、街中を走るのであれば、小径車は取り回しが楽で、実は、合理的な選択なのです。


3 フェンダー標準装備


©GIANT
スポーツバイクは、空気抵抗、重量などの観点から、フェンダー(マッドガード、泥除け)を取り付けないことが標準です。
雨の日はスポーツバイクに乗らない。
そういう選択もあります。
しかし、日々の生活をしていると、雨の日であっても自転車に乗らなければならないこともあります。
スポーツバイク用の前後セットフェンダーは、ややお高い(5,000円前後)ものですが、AMICAには、フェンダーが標準装備されているため、お買い得感がとても高くなっています。


4 スタンド標準装備

また、スタンドが標準装備されています。
これまた、スポーツバイクにはスタンドはつけないのが標準的ですが、街中で生活していると、スタンドがないと不便極まりないのも事実。
後付けもできますが、またしても追加料金が3,000円くらいかかるものです。

しかし、AMICAには、スタンドが標準装備。
いたれりつくせりです。


5 女性の靴に優しいペダル


©GIANT
通常、スポーツバイクのペダルは、足がずれないように、ガッチリと靴底に食いつく、金属製のトゲトゲしたペダルが採用されます。
しかし、女性が日々の生活で乗るということを考えた場合、女性用のサンダル、パンプスなどでペダリングしても靴底を傷めないように、プラスチック製で、かつ、滑りにくい新設計のペダルを採用しています。


6 リクセンカウル、アタッチメント用ダボ装備


©GIANT

生活用のバイクには、カゴやバスケットがあると便利です。
AMICAには、リクセン&カウルのKlickfixアタッチメント取付ダボを標準装備しています。
フレームに直接取り付けることが可能で、ゆえに、重量物であっても、しっかりと支えることができます。


7 コンポーネント他

8段変速で、坂道も楽に登ることができます。

サドルは、女性向けに、やや幅の広い専用サドルを採用しています。


©GIANT

ズボン等の裾を巻き込みにくいよう、チェーンリングの両端にガードが装備されています。


街中での生活を便利に、楽しくしてくれるAMICA。
いかがだったでしょうか。
¥49,000(税抜)とは思えない、基本性能の高さ、標準装備品の充実ぶり。
bikeport横浜西口店では、店頭に実車を取り揃え、皆様のお越しをお待ちしております。

本日はこのあたりで宜しいと存じます。
それでは、皆様、次回お会いするときまで、ごきげんようです!!
以上、bikeportスタッフの奈須野でした。

過去のバイクポートのお知らせはこちら