横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

女性ブランドのクロスバイク GIANT Liv ESCAPE R3W ¥52,000(税抜)

皆様、こんにちは!!
bikeportスタッフの奈須野です。


本日は、GIANTの女性ブランド、LivのクロスバイクESCAPE R3W ¥52,000(税抜)をご紹介致します。


1 概要
SIZE : 350(XXS),400(XS),440(S)mm
WEIGHT : 10.5kg(400mm)
フレーム : ALUXX-Grade Aluminum
フロントフォーク : Cr-mo
変速パーツ : SHIMANO ALTUS / EF500
ホイール : GIANT SPINFORCE LITE
タイヤ : GIANT ESCAPE R TIRE 700x30C
シフト段数 : 24 Speed
COLORS : ミント, ブラウン, パールホワイト, クラシックブルー


2 女性向けの特別仕様
GIANTのベストセラーバイク、ESCAPE R3をベースに、女性向けに特別カスタマイズをしたバイクがESCAPE R3Wです。
どのあたりが特別なのか。
まず、女性は男性よりも骨盤の広い方が多いため、サドルの横幅を2cmほど広げています。
幅広サドルを採用していることで、上半身の荷重を、より分散させることができます。
長時間のライドでも、お尻が痛くなりにくい、というわけです。


女性は男性よりも肩幅が狭い方が多いため、ハンドルバーの長さを短くして、操作性を向上させています。


ペダルの素材をプラスチック製にしてあります。
GIANTブランドのクロスバイクですと、通常、トゲトゲした金属製のペダルを用いるのです。
しかし、女性は男性よりも華奢な靴をお履きになることも多かろう、ということで、靴底を傷めにくいプラスチック製のペダルを採用しています。


女性は衣類の具合など、男性の比べて、ぐわっと足を上げてサドルにまたがることが難しい場面があります。
ESCAPE R3Wは、R3と比べて、トップチューブが、よりスローピングしている、斜度がついています。
その分、車体にまたぎやすくなっています。


女性デザイナーを起用して、上品で、可愛らしいデザインになっています。
Livのロゴが見えます。



タイヤサイドが飴色です。


昔の自転車というのは、タイヤの側面が飴色でして、R3Wも敢えて飴色にすることで、クラシック感を出しております。
サドル、グリップもR3と異なり、ブラウンです。

以上が、女性モデルであることの違いです。


3 軽い車体重量
車体重量10.5kg(400mm)です。
ALUXX-Gradeの高品質アルミ合金でフレームが成形されています。

いわゆるママチャリの平均的な重量が18-20kgほどでして、それらの車体に比べると半分ほどの重さとなっております。
車体が軽いことの利点は、まず、上り坂が楽になることです。
すいすいと上り坂を進んでいくことができます。
さらに、軽い車体は、平地でも恩恵があります。
重たい物体を動かすよりも、軽い物体を動かす方が楽でして、発車が楽になります。
さらに、軽い物体を止める方が楽なので、停車もらくちんです。


4 やや太めのタイヤで快適走行
700*30Cタイヤを履いています。
手前はR3のタイヤで、太さ自体はR3Wと同じです。

一般的なシティサイクル、いわゆるママチャリのタイヤの太さが37mmほどですから、それに比べると7mmほど細いタイヤとなっています。
細いタイヤの利点は、タイヤ空気圧を高くすることができるため、走りが軽快になることです。
さらに、タイヤ、チューブの重量も軽くなるため、その点でも走りの軽快さに貢献します。

細いとは言いましても、他のクロスバイク、ロードバイクのタイヤは25C、28Cが多いですから、それに比べると太くなっております。
太いタイヤの利点は、タイヤ内部のエアボリュームが増えるため、空気がクッションの役割をしてくれて、乗り心地がよくなることです。
とはいえ、太ければ太いほど良いかというと、そうでもなくて、走行場所、走行速度によって、最適なタイヤサイズは異なります。
R3Wの30Cという太さは街中で走る、という用途にピッタリな、軽快さと快適さのバランスが取れた絶妙なサイズとなっております。


5 高い制動力。ミニVブレーキ
ミニVブレーキ搭載で、強力な制動力があります。
女性の握力でも、十分に減速することが可能です。


6 衝撃吸収性に優れたフロントフォーク
フロントフォークが湾曲しており、ストレートフォークの多いスポーツバイクと比べて、よりたわみやすく、衝撃吸収性にすぐれております。
また、素材にクロモリを採用しており、クロモリはアルミ合金よりもしなりやすいため、この点も衝撃吸収性の高さに貢献しています。


7 24段変速
フロント3段、リア8段の24段変速です。


ギアの数が多い利点は、様々な路面状況に対応できる、という点にあります。
激坂でも、激下りでも、快適な走りができます。
特に、R3Wは一番軽いギアで、フロント28T、リア32T、0.875のギア比を実現しており、これはきこきことこぎますと、時速4kmくらいしか出ない超軽ギアです。
逆に、重い組み合わせは、フロント48T、リア11Tで、ギア比は4.36。
これだけ重いギアであれば、時速30-40kmもラクラクに出せるでしょう。


8 オフセットシートステイ
シートステイがトップチューブとずれて(オフセット)、接続されています。

リアホイールからの衝撃をいったんシートチューブが受け止めて、直接ライダーに伝わることを防止しています。
衝撃吸収性が高まり、乗り心地が良くなります。


9 拡張性の高さ
リアキャリア、フェンダー(泥除け)取付用のダボ穴が空いており、将来的にキャリア(荷台)やフェンダーを装着することが可能です。


リアキャリアがあれば、お買い物の荷物を積載したり、キャンプツーリングといった、幅広い使い方が可能です。

R3Wであれば、街乗りから、休日の遠乗り、キャンプツーリングなど、多用途に活躍してくれます。


本日はこのあたりで宜しいと存じます。
それでは、皆様、次回お会いするときまで、ごきげんようです!!
以上、bikeportスタッフの奈須野でした。

過去のバイクポートのお知らせはこちら