横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

女性の通勤、通学に最適。GIANT AMICA

皆様、こんにちは!!
Bikeportスタッフの奈須野です。
春になりますと、新生活がスタートし、通勤、通学にと、新しい自転車を探される方が増えます。
本日は、都市部の通勤、通学にぴったりな、GIANT Liv AMICA ¥49,000(税抜)をご紹介します。
まず、Liv(リヴ)とはGIANTの女性専用レーベルのことです。
世界には様々な自転車ブランドがございますが、女性専用モデルを一番豊富に取り揃えているのはGIANTです。
(そもそも女性専用モデルを展開していないブランドが多数派です)
女性専用設計の特徴は、後述致します。


(画像の鍵、フロントライトはカスタマイズ例で、標準では装備されません)


1 概要
SIZE : 380(S)mm
WEIGHT : 10.6kg
FRAME : ALUXX-Grade Aluminum
FORK : Aluminum,Cr-mo Column
DRIVETRAIN : SHIMANO TOURNEY TX
BRAKES : TEKTRO
TIRE : KENDA K193 20×1.5
SPEED : 8 Speed
COLORS : マッチャ, コーヒー


2 都市部の通勤、通学に求められるバイク性能
(1)冒頭で、AMICA(アミーカ)は都市部の通勤、通学にぴったり、と申し上げましたが、都市部の生活に必要な性能とは何でしょうか。
a) まず、郊外と異なり、都市部には信号、交差点がたくさんあります。
つまり、頻繁に停車、発車する必要があります。
b) 次に、都市部は道が狭く、ポールや車止めなどの障害物がたくさんあります。
c)そして、通勤、通学は毎日繰り返される行為で、雨が降ろうと自転車通勤、通学を選択したのであれば、自転車に乗る必要があります。
d) さらに、通勤、通学には荷物がつきものです。
e) 服装も、普段着で乗ることが通常です。
f) 最後に、都市部での自転車生活は、比較的近距離の地点に行くことが目的で、目的地に到着したあとは、自転車から降りることが通常です。
大まかに、都市部には上記6つの特徴があり、これらの特徴に対応したバイク性能が必要と考えます。

(2) a) さて、AMICAについてみますと、車輪径が20インチと、通常のスポーツバイク(700C、おおよそ28インチ)よりも小さなホイールが装着されています。


小さなホイールの何が良いかと申しますと、ホイール全体が軽くなるため、漕ぎ出しのエネルギーが小さくて済む、ということです。
上述しましたように、都市部では頻繁なストップ・アンド・ゴーを繰り返されるわけでして、車輪径の小さなAMICAは通常のスポーツバイクに比べて、スッと加速することが可能です。
さらに、ブレーキで止まる時も大きな車輪径のバイクより、止まりやすくなります。
これらの特徴は、都市部での生活にぴったりなのです。
(なお、長所だけ述べるのは不公平ですから、小径車の不得意な面を申し上げます。それは、ホイールが運動エネルギーを保持しにくいため、長時間高速走行を維持することが苦手です。しかしながら、都市部の生活で、そのような直線路、高速コースが存在するとも思えず、長距離の高速移動が苦手という面は、実生活ではほとんど影響しません。)

b) AMICAは20インチという小さなホイールを採用しているため、必然的に車体が小さくなります。
一般的な700Cのバイクよりも、前後に20cmほど、車体が小さくなります。
小さな車体を生かして、狭い道、ポールの間、繁華街などを通り抜けやすくなります。

c) 通勤、通学は毎日繰り返される行為で、それは雨であろうと変わりません。
雨の中、自転車に乗りますとアスファルト上の汚れ、泥などが衣服についてしまい、クリーニングをしてもなかなか落ちないことがあります。
AMICAには泥除け(フェンダー)が標準装備されており、衣服の汚れを最小限に抑えてくれます。


もちろん、他のスポーツバイクにも泥除けをつけることは可能なのですが、スポーツバイク用の泥除けというのは、軽量性、デザイン性を追求するため、前後セットで5,000円はします。
結構な出費となるわけですが、AMICAにはそのような追加投資が必要ない。
さらに、一般的なスポーツバイクに取り付ける泥除けは、どうしても汎用品で、デザインや取付位置にやや違和感が生じることもあります。
しかし、AMICAの泥除けは専用設計であるため、デザイン的にも無理がありません。

d) 通勤、通学には、荷物がつきものですが、AMICAであれば、カゴを無理なく取り付けることが可能です。
リクセン&カウルのKlickfixアタッチメント取付ダボが標準装備されています。


リクセン&カウルとは、ドイツ生まれのアクセサリブランドで、様々なカゴ、バッグをワンタッチで取り外しできる、スグレモノを多数開発しております。
AMICAには、そのリクセン&カウル用ダボ穴が標準装備されておりまして、重い荷物であっても、安定して着脱できるのです。

e) AMICAのチェーンホイール(車体前方の大きなギア)にチェーンガードが装備されているため、普段着であっても、チェーンに衣類が巻き込みにくくなってております。

f) スポーツバイクは、自転車に乗ること自体が目的のこともありますが、通勤、通学用のバイクの場合は、目的地に到達すること主目的です。
つまり、自転車を止める必要があるわけで、スタンドがあると便利です。
一般的なスポーツバイクにもスタンドを装備させることはできますが、これまた追加投資(3,000円ほど)が必要です。
AMICAであれば、そのような追加投資は無用。
スタンドが標準装備されております。


3 女性専用設計の特徴
(1) 女性は男性よりも骨盤の広い方が多いため、サドルも幅広の、専用設計のものが採用されています。


(2) 小柄の女性でもゆったり乗ることができるフレーム設計となっております。
具体的には、足をガバッと上げなくても乗り降りできる、上半身が起きて楽な姿勢でのることができる、といった特徴があります。
(3) 女性が履く靴は、男性のものに比べますと靴底が薄いものもございます。
靴底を傷めないように、プラスチック製の専用ペダルが採用されています。


(4) 女性が普段着で乗っても違和感が無いように、シックで、可愛らしいカラーリング、デザインが採用されています。


4 スポーツバイクとしての一般的な性能
都市部に限定せずに、スポーツバイクとして優れた点を申し上げます。
(1)まず、車体重量が10.6kgです。
一般的なシティサイクル、いわゆるママチャリというのは車体重量が18-20kgほどでして、約その半分ですから、十分に軽量であるといえます。
フレームには、高品質なALUXX-Gradeのアルミニウム合金が使われています。
フロントフォークは、フォーク部分がアルミニウムで、コラム部分のみ、耐久性を重視してクロモリ鋼が採用されています。
(2) SHIMANO製、8段変速を採用しております。フロント48T、リア11-30Tで、高速走行や坂道にも対応できます。


(ただし、AMICAはフロントギアが1枚で、ギア比も他のクロスバイクに比べますと、極端に軽いギアは搭載されていないため、8%を超える激坂などはラクラクとまでは申せません。もちろん、シティサイクルよりは遥かに軽快に登ることが可能です。)


本日はこのあたりで宜しいと存じます。
それでは、皆様、次回お会いするときまで、ごきげんようです!!
以上、bikeportスタッフの奈須野でした。

過去のバイクポートのお知らせはこちら