横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

代表者ご挨拶

 

(スマートフォンからご覧の方へ。※以下文章の内容は上記と同じです。)

 

この度は、数多くあるスポーツバイク販売店の中から当店 bikeport のウェブサイトをご覧頂き誠に有難う御座います。

当ページを御覧になっている大半の方が「ショップ探し」をされている方かと存じます。あなたの新しい相棒になるスポーツバイク、たと え同じ車体であってもどこで手に入れるかは重要なポイントですよね。「ここのお店は大丈夫なの?」、「どんな人が販売している の?」、「こんな高い競技自転車を普通の人が買っていいものなの?」、「そもそも趣味として続くかな?」などなど。不安な要素は 数えきれないくらい沢山あるかと思います。ですので、皆様に少しでもイメージが湧きやすいように「バイクポートはこんなお店です!」 と言うコンセプトや想いを書いてみました。少しでも参考にして頂ければ幸いです。

 

「スポーツバイク販売店」から「スポーツバイクのあるライフスタイルを提供するお店」に―

 

それが私たちバイクポートグループのモットーです。 十人十色で目的用途、楽しみ方、性能や機能、デザインなどスポーツバイクに求めるも のは人それぞれ違います。私たち bikeport は単なる移動手段だけではないスポーツバイクと、それを探しているお客様のお付合いをとても大事に 考えております。 私も人生で初めてスポーツバイクを購入する際、当時はまだ学生でしたので通常の自転車と違い価格の高いスポーツバイク を手にするのにとても勇気が必要でした。しかし購入した日は嬉しくて仕方なく、興奮して遠く離れた隣の町まで行きました。その時の爽快感や 感動は今でも覚えています。電車移動の時代は降りゆく駅の「町と町」は「点と点」でした。それがスポーツバイクになってからは点と点を結んで 線に。自分の町なのに今まで知らなかったお店や公園や施設など、日常の中に潜んでいた新しい発見が沢山でした。それから数年後、隣 町から隣の県まで。走る距離も増え、スポーツバイクを通じて知り合えた人も数えきれないくらい沢山居ます。まるでそれは私にとっての一つの 「冒険」でした。今も尚スポーツバイクの販売店として多くの人と知り合い、色々なフィールドを開拓し、その感動は続いております。そして今日、 私はこの「感動」する商品を皆様に日々販売し続けております。

 

「お客様の満足感とはいったいどこにあるのでしょうか?」

 

御来店頂く前にこんなことをお話するのは大変恐縮ですが、当店の販売価格はもしかするとお客様が他店で見られてきた割引価格より高 いかもしれません。けど安心して下さい、価格以上の内容は御約束致しますので。 私自身は、当バイクポートを立ち上げる前に何店舗か他の 自転車販売店で勤務していた過去があります。自転車と言うのは主に金属とゴムで出来ているので、デパートやショッピングモールなどで売ら れているアパレルやブランド物などと違い、実は利益の高い商品ではありません。誠に失礼ながら中には「手間を考えれば売らない方が良い のではないか?」と思ってしまう商品もあるくらいです。

ですから市場には必然的に商品の回転率を上げようとする薄利多売の販売店が増え てしまっているのが現実です。性能の差が出にくい通常のママチャリならまだしも、スポーツバイク取扱店も近年はそのような傾向にあると思いま す。他店よりも安く車体を値引きしてお客様に購入頂く、○○分以内と決められた時間内に納車の整備する、割引いた分は他の商品関連 率を高め客単価アップする、壊れれば更に修理工賃を頂く。そんな所が多く存在している気がします。 中にはどこよりも安くと、価格だけで購入 するお客様もいらっしゃいますので否定はしません。私も消費者の一人ですので、安く買えるに越したことはないと思います。

しかしながら常日 頃私は「他店より安いだけが消費者満足なのだろうか?安く手に入るだけで満足して頂けるのだろうか?」と考えさせられます。 「走って止まっ て曲がる」果たしてそれだけで良いのでしょか?「安全基準さえ超えていれば OK」のギリギリの納車整備で、本来のスポーツバイクの良さが発揮 できるのでしょうか?一般の方には分かりづらい部分こそ、手を抜かずに調整、整備すべきポイントだと私たちは強く考えております。「普通の自 転車と比べ維持費が高い」、「すぐに調子が悪くなる」、「高いだけの自転車」なんて思われたくないですから。

 

「サイクリストと向き合うショップ」ではなく「サイクリストと同じ方向を向くショップ」

 

それが他店様や量販店様との大きな差別化であり、私たちバイクポートグループの存在意義であると強く感じております。冒頭で記述した モットーとは別に、これはスローガンのような志です。世の中には『世界三大スポーツ大会』と呼ばれるビックイベントがあります。1位はサッカーの ワールドカップ、2位はオリンピック、3位はロードバイクレース、ツール・ド・フランスと言われております。日本国内ではまだまだスポーツバイクの 認知は低いですが、世界規模では実は物凄くポピュラーなスポーツなのです。 世界でこれだけ人気のある「スポーツバイク」ですから、当然面 白くないはずがありません。そしてこのスポーツバイクの魅力をお客様に伝えることが私たちの至上命題だと捉えております。私を含むスタッフは 皆、スポーツバイクが大好きでこの業務に携わっており、なるべく一人でも多くのサイクリストに満足頂けるような取り組みをサイクリスト目線で日々 考えております。購入頂いたスポーツバイクを出来るだけ長く使って頂きたい想いと、そしてアフターメンテナンスやライフスタイルに合わせたカス タマイズ、サイクリングイベントやライディングレクチャー、技術講習会などを通じて、最大限までスポーツバイクの魅力や楽しみ方を引き出すお手 伝いをする場所として誕生したのが、スポーツバイクの港『bikeport』です。

 

Bikeportグループ代表 福田 建

平成 28 年 9 月 1 日

 

過去のバイクポートのお知らせはこちら