横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

京都から九州へ 19日間ツーリング その6 三木城 黒田官兵衛 姫路城 赤穂浪士 マイナス1度

皆様、こんにちは!!
bikeport新宿都庁前店の奈須野です。

この記事は

京都から九州へ 19日間ツーリング その5 キャリアの選択


の続きとなります。


4日目
三木城に到着しました。
秀吉が徹底した兵糧攻めをしたお城で、三木の干殺し(みきのひごろし)として、後世言われている合戦の跡地です。
ずいぶんと現代的な壁画がありました。



お城周囲の和やかな雰囲気と一点して、天守周辺は、墓石、慰霊碑ばかりです。
このような城跡は見たことがありません。
この戦いもまた、壮絶なものであったに違いありません。


道中、黒田家ゆかりの史跡が多く見受けられました。
豊臣秀吉のいわゆる軍師として大活躍した、黒田孝高(黒田如水、黒田官兵衛)さんが関わった土地だからでしょう。


姫路城に到着です!!
なんということでしょう!!
本日は休城!!


しかし、大丈夫です。
私が一番興味があるのは、お城の全体構造、土塁、石垣などですから、天守閣に入れなくても平気なのです。
食い入るように、石垣を見て、お写真を撮ります。


安土桃山時代の石垣は、荒削りながらも、石垣という技術を模索しつつ、天にそびえようとする強い意志、エネルギーがあるように感ぜられまして、個人的には安土桃山時代の石垣が大好きなのです。



なめるように、石垣を凝視します。
姫路城の石垣は、いくつか、工期の段階があるようで、私がもっとも興味が惹かれる石垣の前を行ったり来たり、1時間ほど堪能しました。


素晴らしい。
この野趣に満ちながらも、数百年間、崩壊することなく、存在し続ける強さ。
見た目だけ荒々しいのではない、その堅牢さに感動してしまうのです。


海岸近くの公園に野営します。



5日目
予定より大幅に遅れておりますが、先に進むこと自体が目的ではないため、それはそれで良しとします。
夜半に雨が降ったようです。


雨というものは不思議なもので、降っている間は心を重くしますが、一度あがると全てを美しく見せます。


はりまシーサイドロード という道に入りました。
シーサイドどころか、ごりごりのヒルクライムであります。
どういうことでしょう。

(後に、はりまシーサイドロードは長ーい道路で、確かに山中を走る区間もあるが、道の大部分は海岸沿いである、と知りました。)


赤穂につきました。
あこう
あこー

多くの日本にお住まいの方であれば、あこうとくれば。。。ろうし!!と自動的に脳内で推測変換してしまうかもしれません。
そう、赤穂浪士の故郷です。


大石内蔵助さんのお屋敷跡に行きました。


大石神社には、四十七士の像がありました。


大願成就の神社、とのことで、たくさんの参詣者の方がおいででした。


浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)さんの居城、赤穂城です。


京都、大阪、兵庫と、大都市ばかりで、交通量の多さに辟易しておりましたが、ようやくのどかな景色になってきました。


岡山県です。


岡山県、いいです!!
圧倒的に山野に来た感があります。
ロングツーリングはこういう景色があると、嬉しくなります。


キングスライムさんに似た標識がありました。
(参照 ドラゴンクエスト)


しかし!!
喜びもつかの間、とんでもない寒波が襲来し、さらに、強烈な西風が吹くようになりました。
(この寒波、西風は、ツーリング最後までずうううっと続くことになるのでした)
バス停の標識が倒れています。

お店の旗も吹き飛んでいます。


あまりにも風が強いので、早めに野営します。
高台にある池の周囲に、緑地があったので、そこにテントをはります。



6日目
夜明け前ですが、とんでもなく寒いです。
気温はマイナス1度。


瀬戸内海は暖かいのではないのですか!?
思っていたのと違う!!
私は叫びたくなりました。


本日はこのあたりで宜しいと存じます。
それでは、皆様、次回お会いするときまで、ごきげんようです!!
以上、bikeport新宿都庁前店の奈須野でした。

bikeport新宿 都庁前店 オープン!!

新古典主義 これが現代のツーリング車だ

過去のバイクポートのお知らせはこちら