横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

京都から九州へ 19日間ツーリング その4 六甲アイランド ポートアイランド 兵庫大仏 須磨の巻

皆様、こんにちは!!
bikeport新宿都庁前店の奈須野です。

本記事は

京都から九州へ 19日間ツーリング その3 自転車ツーリングの魅力


の続きとなります。

横浜を出発して3日目


目の前に、「六甲アイランド」という文字が飛び込んできました。

六甲アイランド!!
小中学校の地理の授業で習った気がいたします。

なんだか妙に気になりまして、六甲アイランドに上陸することにしました。
凄まじい大橋を渡ります。

建造物があちこちにそびえ立っています。


六甲アイランドは1988年に完成した、神戸港内にある人工島です。

島の入り口は、人工感に溢れておりましたが、島内には公園が多数ありまして、なんとものんびりした雰囲気に満ちておりました。
予定を大幅に変更して、六甲アイランドに2時間近く滞在しておりました。




六甲アイランドでのんびり過ごしすぎました。
先を急ごうと進みますと、ポートアイランドという文字が見えました。
はぐわっ
島と聞いて寄らないわけにはいかない。

ポートアイランドは1981年にできた、これまた人工島で、六甲アイランドとセットで暗記させられたものでした。
それは良いとして、ポートアイランドは立派な大学がありまして、素晴らしくおしゃれな島でした。
公園は六甲アイランドよりは少ない印象でした。


 


二代目日本丸です。
初代は横浜港におりますね。


日本三大大仏のひとつ、兵庫大仏に立ち寄りました。
平清盛さんの墓所がありました。



須磨海岸に立ち寄りました。
須磨。
源氏物語で、須磨の巻(すまのまき)という、京から追放された源氏が須磨に滞在したという、外伝のようなお話がありまして、私はその巻が大好きなのですが、かねてから須磨には是非立ち寄ってみたいと思っていたのでした。



(あくまでフィクションではありますが)須磨の巻で登場するヒロイン、明石の君(あかしのきみ)が住んでいたとされるお屋敷跡です。
感動で、震えが止まりません。


のどかな夕暮れ。
落ち着きます。


この日は明石の君のお屋敷近くの河川敷に野営しました。


本日はこのあたりで宜しいと存じます。
それでは、皆様、次回お会いするときまで、ごきげんようです!!
以上、bikeport新宿都庁前店の奈須野でした。

過去のバイクポートのお知らせはこちら