横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

三密回避に。自転車通勤、通学という選択肢

皆様、こんにちは!!
Bikeportスタッフの奈須野です。
新型コロナウィルスの収束が、なかなか見えない状態で、いわゆる「三密」を回避すべく、新たに自転車通勤、通学をする、という方が増えています。
本日は、自転車通勤、通学の利点をご紹介します。


1 感染予防に有効
まず、自転車は、電車、バスに比べて圧倒的に広い空間を移動します。
しかも、移動中は、その空間、大気は常に変化し続けます。
さらに、歩行者の方とすれ違う場合であっても、たいていは時速15km超で通り過ぎます。
自転車同士ですれ違う場合は、相対速度は時速30kmにはなるでしょう。

このように、自転車による移動は、広大な空間を、高速で走る抜けるため、三密の状態になることはほとんど無いといって良く、電車、バスによる通勤、通学と比べて、新型コロナウィルスの感染予防に、有効であると言えます。


2 適度な運動
(1) 次に、自転車通勤、通学の利点は、適度な運動になる、ということです。
例えば、以下ご紹介するスポーツ型バイクであれば、時速20km前後で移動することは、それほど困難ではありません。
(なお、一般的なシティサイクル、いわゆるママチャリで普通にペダリングをすると、時速15kmほどの速度となります)
体重60kgの成人男性が、時速20kmで30分自転車をこぐと、メッツ値(身体活動の強さを、安静時の何倍に相当するかで表す単位。厚生労働省)は7で、その消費カロリーは、250kcalほどになります。

付言しますと、体重60kgの方が時速4kmほどでウォーキングをした場合、メッツ値は3。
消費カロリーは100kcalほどになります。

このように、サイクリングはウォーキングよりも高消費な運動なのです。
そして、250kcalというと、ちょうど、おにぎり一個分のカロリーに相当します。
片道30分の自転車通勤、通学をすれば、往復で毎日おにぎり二個分のカロリーを消費することになるのです。
サイクリングがいかに、お腹が空く運動であるかが分かります。

(2) そして、サイクリングといいますと、足だけを使う運動と思われがちですが、それは違います。
特にスポーツ型自転車の場合、シティサイクルよりも前傾姿勢が強くなるため、腕でハンドルをぐいぐいと引き、さらに前傾した姿勢を支えるために、腹筋、背筋にも知らずうちに負荷がかかっています。
このように、サイクリングは全身運動になるため、ウォーキングよりも消費カロリーが高い、というわけです。

(3) 最後に、サイクリングがウォーキング、ジョギングよりも優れている点は、他にもあります。
それは、運動強度が高い、というお話と矛盾するようですが、体に優しい、ということなのです。
ウォーキング、ジョギングの場合、常に体が跳躍して、足、膝、腰がズドン、ズドンとアスファルトから反動を受けています。
いかにシューズやフォームを工夫しても、その衝撃を無にすることは不可能です。
これに対して、サイクリングの場合は、路面に体を直接叩きつける、といったことはしないため、足、膝、腰にかかる負担が少なくて済みます。
それでいて先述しましたように、消費カロリーは高い、つまり筋肉と心肺機能に与える負荷の程度が高い運動であるため、体に負担をかけずに体を鍛えたい(不思議な表現ですが。。。)という方にぴったりです。


3 そんなに暑くない
ところで、サイクリングの運動強度はウォーキングよりも高い、と申しましたが、ウォーキングよりも楽な点があります。
それは、そんなに暑くない、ということです。
つまり、サイクリング中は常に風がサラサラ、時にはびゅうびゅうと吹き付けるため、たとえ真夏であってもウォーキングほどしんどくありません。


4 普段見たことがない風景に出会える
電車、バス通勤、通学では出会えなかった風景に出会えるかもれしません。
神奈川県は意外にも!?様々なサイクリングロードがあります。
筆者が愛用しているのは、境川サイクリングロード(神奈川県道451号藤沢大和自転車道線)です。
藤沢市から大和市まで、南北に20km、ずーーーーっとほぼ一直線で、交差点も数えるほどしかありません。
横浜西口店から出発しますと、鶴ヶ峰を経由して、あとは江ノ島までのんびりとサイクリングすることが可能です。
画像は境川サイクリングロードです。
のんびりとした風景が続きます。

江ノ島です。

神奈川県を南北に移動するときは、この境川サイクリングロードがおすすめです。


5 バイク選び
(1) さて、長々と申して参りましたが、肝心の自転車選びについて述べます。
当店では、いわゆるクロスバイクという自転車を、初めての方におすすめしています。
その理由は、当店がおすすめするクロスバイクは、車体重量10kg前後、一般的なシティサイクルに比べて半分ほどと軽く、そのため坂道、こぎ出しが圧倒的に楽だからです。
また、ほとんどのモデルが、ギア18段、24段と搭載されており、軽いギアから重いギアまで、自在に操ることが可能です。
シティサイクルでは登ることのできなかった坂道をラクラクと登ったり、これまたシティサイクルでは不可能であった時速30km超といった高速走行も可能です。
さらに、ハンドルバーがフラット(横一直線)で、シティサイクルに近く、初めての方でも違和感が少なく操作できること、乗車姿勢がロードバイクほどは前傾姿勢にならないため、体の負担が少ないこと、初期費用がこれまたロードバイクに比べると抑えることができること、などの特徴があります。

車体価格は税抜52,000-65,000円くらいのモデルが多いです。
道路交通法上もフロントライトの設置が義務付けられていること、冒頭で申し上げましたように、スポーツ型バイクは時速20kmといった高速度で移動するため、明るいライトで遠くまで照らして路面、周囲の状況を早めに視認する必要があります。
そのため、ライトは5,000円くらいの高出力モデルをおすすめしております。
また、スポーツ型バイクは、スタンドが標準装備されていないことがほとんどで、スタンドは3,000円くらい。
スポーツ型バイクは車体重量が軽いため、盗難の恐れが常にありまして、カギをお付けしたとして、これも3,000円くらい。
以上のような標準的構成で、税込価格は70,000円前後になることが多いです。

(2) 具体的なモデルにつきましては、
万能型、初めての方でも安心 GIANT ESCAPE R3

2021年モデル 先行販売開始 ESCAPE R3

新モデル発売 2021 ESCAPE R DISC ¥61,000(税抜)

軽量型、坂道の多い地域にお住まいの方におすすめ GIANT CROSTAR

新モデル発売 2021 CROSTAR ¥56,000(税抜)

高速型、鋭い加速度、敏速なコーナリング等、キビキビしたバイクをお探しの方 GIANT ESCAPE RXシリーズ
2020年モデルの紹介記事です

Escape R3とRX3の共通点、相違点

高級クロスバイク GIANT ESCAPE RX 1

多用途型 ちょっとした砂利道も走行可能、汎用性が高いバイクをお探しの方 GIANT GRAVIER
紹介記事は2020年、ディスクブレーキモデルです

普段は通勤、通学に。休日は、河原、林道など多用途に使用可能なクロスバイク、GIANT GAVIER DISC


横浜西口店では、他にも多数のクロスバイクを取り揃えて、皆様のご来店をお待ちしております。
実際に複数種類の車体を乗り比べる、ということも可能です。
本日はこのあたりで宜しいと存じます。
それでは、皆様、次回お会いするときまで、ごきげんようです!!
以上、bikeportスタッフの奈須野でした。

過去のバイクポートのお知らせはこちら