横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

レースレポート-Tokyoエンデューロ

 

毎年レース初参加が多い割に、コースの注意箇所が多くて落車が多い印象の4時間の彩湖でのTokyoエンデューロ。
なんだかんだで5回目の出場。

 

去年は前日忙しすぎて3時間しか寝られてない状態もあり、1時間でつって終わり。
今年はきっちり6時間寝られて状態はよし。
コースが前述の通りかつ、チームエンデューロのみなので強い人がたくさんいるわけではなく、毎年表彰台に乗る人は決まっているからそれについていけば勝手に上位にはいる。でも最後まで(木村くんとの二人チームなので最初の2時間)いられるとも思えないので出来る限り長く前に残るつもりで走る。

今年は弱虫ペダルがソコソコの集団、東京ヴェントスが先導集団でコントロール。
いつも通りホームストレートは左前からの、バックは後ろからの風。
なのでS/G前の左に曲がった後のインターバルが、ピットとの合流で詰まらなければ非常にきつくなる。
1時間は何の問題もないけど、そこを超えたあたりからのインターバルが厳しくなって、タイミングよくヴェントスの選手が前にいて助けられること数回。


1時間半経ったクランクで周回遅れに詰まり、集団に追いつくためのもがきで盛大につって終了。
同一周回は10人程度であることを確認していたから、一桁でこのまま前から落ちて来た人を拾って順位出来れば去年よりは上かな、と残り30分走って木村くんに交代。

2時間の速報で10位前後だったか、その後木村くんの走りで42位。

来月は2週連続サーキットなのでしっかりと乗り込んでおきたい。

過去のバイクポートのお知らせはこちら