横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

ペダルのオーバーホール 新品時よりも良く回る!?

皆様、こんにちは!!
bikeport新宿都庁前店の奈須野です。


本日は珍しいご依頼、ペダルのオーバーホールについてお話致します。

スポーツバイクに乗っていて、ミシミシ音がする、というトラブルは往々にしてあります。
ミシミシ音がなる原因というのは、一つでは無く、その特定は非常に難しいです。

しかしながら、たいていは負荷のかかるパーツの緩み、摩耗などによって隙間が生じ、そこがたわむことでミシミシ音がなるのです。
バイクにおいて、負荷のかかるパーツというのは、第一にボトムブラケット、第二にクランク周辺です。

今回のお持込頂いたバイクも、精査するとペダルからミシミシ音がしておりました。



新宿店は土地柄なのか、外国人のお客様が多数いらっしゃいまして、このモデルも右ブレーキと左ブレーキが日本仕様とは逆です。
つまり、右ブレーキでリアを制御して、左ブレーキでフロントを制御します。
使われているパーツはBMXと同じながらも、巨大なバイクで(ご依頼者様も190cmくらいはおありの、巨漢の方でした)、日本市場ではほとんど見受けられません。
海外からそのままお持込み頂いた車体と推察します。


さて、ペダルのミシミシ音を解消すべく、オーバーホールを開始致します。

ペダルのハブを分解します。


中に非常に小さなベアリングが詰まっています。


ベアリングを丁寧にクリーニング。

Shimanoプレミアムグリスを充填します。

玉当たり調整をします。
この玉当たり調整が絶妙な作業で、緩めすぎてもダメ、締めすぎてもダメです。

完成です!!

場合によっては新品状態よりも回転が良くなります。

素晴らしく回転するペダルに生き返りました。

ペダルをクランクに装着して、完了です。

オーバーホール代金として¥3,000頂きました。


なお、このようなことを申し上げるのは、はばかられるのですが、上記のように、ペダルのオーバーホールというのは精密な作業で、ある程度の工賃を頂いております。
そのため、ペダルのお値段自体が¥1,000といったエントリーモデルの場合には、オーバーホールをするよりも、新品交換の方がお安く済むため、新品交換をおすすめしております。
(既に代替パーツが存在しないヴィンテージモデル、特に思い入れのある車体といった特殊事情がある場合には、この限りではありません)

ロードバイクであれば105以上といったグレードのものであれば、工賃を考慮しても、ペダルのオーバーホールは十分に合理的なもので、おすすめできるメンテナンス法であります。
先程も申し上げました通り、丁寧にグリスアップ、玉当たり調整をしてあげれば、新品よりも良く回転します。


本日はこのあたりで宜しいと存じます。
それでは、皆様、次回お会いするときまで、ごきげんようです!!
以上、bikeport新宿都庁前店の奈須野でした。

bikeport新宿 都庁前店 オープン!!

新宿都庁前店 日常あるいは平穏な日々 ディレイラー調整のご案内

新宿都庁前店 日常あるいは平穏な日々 パンク修理のご案内

新宿都庁前店 日常あるいは平穏な日々 スポーク交換のご案内

過去のバイクポートのお知らせはこちら