横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

フルカーボン、105、パワーメーター付きで、¥210,000(税抜価格) GIANT TCR ADVANCED 2 KOM SE

皆様、こんにちは!!
Bikeportスタッフの奈須野です。

本日は、フルカーボン、105、パワーメーター付きで、¥210,000(税抜価格)という圧倒的コストパフォーマンスを誇る、GIANT TCR ADVANCED 2 KOM SEをご紹介致します。


1 概要
SIZE : 425(XS),445(S),470(M),500(ML)mm
WEIGHT : 7.9㎏(445mm)
FRAME : Advanced-Grade Composite,VARIANT Composite Seat Pillar
FORK : Advanced-Grade Composite,Aluminum OverDrive Column
CRANK SET : SHIMANO 105 Compact with GIANT POWER PRO S
BRAKES : SHIMANO 105
WHEELS : GIANT P-R2 DBL WheelSet
TIRE : GIANT GAVIA AC 1 700x25C Tubeless Ready
SPEED : 22 Speed
COLORS : ブラック, レッド


2 KOM モデル名の由来
KOMとは、King of Mountain、山岳王という意味です。
TCRシリーズの中でも、特にヒルクライムを重視したモデルとなっております。


3 フレーム
ロードバイクにおいて何が一番重要か。
統一した見解は難しいですが、多くの方は、フレームと答えるのではないでしょうか。
TCR ADVANCED 2 KOM SEに採用されているカーボンフレームは、Advanced-Grade Compositeです。
GIANTの自社工場でハンドメイドされ、非常に軽く、剛性と信頼性の高いことが特徴です。

特に剛性の要求されるBB周辺、ヘッド周りなどは贅沢にボリュームアップして、衝撃吸収性、しなやかさを求められるシートステイ、チェーンステイなどは、ほっそりとしたフレーム形状にして、剛性を失わず、可能な限り軽量になるよう、設計されています。


車両重量は7.9kgと軽量で、軽さが重視されるヒルクライムでは、特に有利に働きます。

ところで、カーボンフレームとアルミフレームは何が違うのか、どちらが良いのか、というご質問を受けることが、間々あります。
一概には申せませんが、剛性を保ちながら、軽量にできることがカーボンフレームの特徴です。
さらに、カーボンフレームは路面からの微振動を吸収しやすく、オンロードバイクに長時間乗車したときの疲労、ストレスが軽減されます。

これに対して、確かに、アミルフレームでも、剛性、重量比という点では、かなりカーボンフレームに近づいております。
カーボンフレームより軽量、というモデルも存在します。
しかし、振動吸収性という点では、カーボンに一歩譲りまして、コンッコンッという路面からの振動が伝わってきやすいです。

とはいえ、アルミ合金の製造技術は、世界中に広まっているため、様々な工場で生産することができます。
(対して、高品質なカーボンフレームを製造できる工場は限られているのです)。
そのため、製造コストを下げることができ、アルミフレームはエントリーモデルに採用されることが多いのです。
また、アルミは多少無茶な使い方もできるといいますか、スタンドやキャリアを取り付けることも。。。場合によっては可能です(推奨はできません)。


4 パワーメーター
TCR ADVANCED 2 KOM SEの最大の特徴は、¥210,000(税抜価格)という価格で、パワーメーターが搭載されていることです。


パワーメーターとは、ライダーがどのくらいの力でペダリングをしているのかを、ワット数で表示してくれる機器のことです。
従来、ロードバイクに取り付ける機器といえば、サイクルコンピューターが主流で、主に速度、距離などを計測するものでした。
場合によっては、ペダル回転数を計測したり、熱心な方であれば心拍計を使うこともあるでしょう。
ライダーの体力は有限であるため、ロードバイクでいかに速く走るか、楽に走るかを追求することは、ライダーの体力をいかに効率よく配分するのか、という点に行き着きます。
体力、ペース配分の目安として、速度、ペダル回転数は、ある程度の目安にはなりますが、風、勾配、天候などの外的な要因によって大きく左右されるため、実際どのくらいの負荷がかかっているのかを計測しにくいのです。
また、心拍計はライダーの負荷を正確に計測してくれますが、心拍計の取り付け、取り外しが煩雑です。
パワーメーターであれば、外的な要因に左右されることが少なく、かつ、煩雑さも無く、その時ライダーにかかっている負荷を計測することができるのです。

TCR ADVANCED 2 KOM SEには、このパワーメーターが標準で装備されております。
ペダリングをしたときの、わすがなクランクの歪みを計測して、出力を計算する、というもので、もし後付けで同等のパワーメーターを取り付けようとすれば、パーツ代だけで5万円前後はするものです。


5 34Tで 坂道もらくらく
TCR ADVANCED 2 KOM SEが、山岳王と命名されている所以の一つは、低いギア比を選択できることです。


例えば、TCR ADVANCED SL 2 ¥470,000(税抜)などでは、スプロケットの最大歯数が30で、KOMよりもギア比が高いことになります。
KOMは現在ロードバイクとして選択できる最大の34Tスプロケットを採用することで、今まで登ることができなかったような激坂も、のぼることができるようになるのです(こう書いておいて恐縮ですが、低いギア比にすることで、ペダリングが軽くなり、今まで降りなければ進めなかった坂を登ることが可能になることがあります。もっとも、速度自体は遅くなるため、その分ペダル回転数を上げなければ速度が出ないことになりまして、常に34Tが30Tよりも優れているとは限らない、と申し上げておきます)。


6 105
コンポーネントは、 SHIMANO 105を採用しています。
レースシーンにも応えられる精度、耐久性、軽量性を備えています。


7 チューブレスレディタイヤ
チューブレスレディタイヤとは、内部にシーラントという液体を封入することで、タイヤのみでの走行を可能にするシステムのことです。
利点としては、チューブが存在しないため、いわゆるリム打ちパンクをしにくい、シーラントが瞬時に穴をふさいでくれるため、小さなガラス片、金属片程度であれば、空気漏れをしない、というものです。
耐パンク性の高さは、レース、ロングライドだけでなく、日々の通勤、通学時にも恩恵があります。


8 カスタマイズ例
(1) サイクルコンピューター
BRYTON (ブライトン) Rider 420E (ライダー 420E)を装着しています。



TCR ADVANCED 2 KOM SEには、パワーメーターが標準装備されていることは、冒頭で述べました。
実はこのパワーメーター、単独では計測はできても表示することができないため、計測値を表示するサイクルコンピューターが必要になります。
そして、パワーメーター対応のサイクルコンピューターとなりますと、各ブランドでも中上位機種でないと対応しておりません。
パワーメーター対応のサイクルコンピューターで、オススメしておりますものは、BRYTON社のサイクルコンピューターです。
¥14,300(税抜)です。
GPSを内蔵しており、スピードセンサー無しで速度計測が可能です。
これは、複数台のバイクでサイクルコンピューターを共有するときに便利な機能です。
すなわち、サイクルコンピューターは1台で、マウント(取付台座)のみ複数購入します。
乗るバイクにその都度サイクルコンピューターを取り付ければ、複数のバイクでサイクルコンピューターを共有できる、というわけです。
Rider 420E は高性能サイクルコンピューターで、速度、パワーだけでなく、ペダル回転数の表示にも対応しております。
さらに、IPX7という完全防水対応で、雨の中のライドも安心です。

(2) フロントライト
フロントライトに、RECON HL 500 ¥5,500 (税抜)を装着しています。
500ルーメンで、夜間走行時にも安心です。
また、USB充電式となっております。

(3) リアLED、フェンダー
サドル後方に NUMEN+ UNICLIP TL ¥3,000 (税抜)を装着しています。

ロードバイクは、基本的に車道を走るもので、その場合、後方からのクルマの接近に恐怖を覚えることもあります。
LEDライトを点灯させることで、後方に自己の存在をアピールします。
そうすることで、クルマが明らかに、ググッとセンターライン方向に避けてくれる頻度が上がりまして、事故防止にも役立ちます。

NUMEN+ UNICLIP TL は、ドッキングステーション下部に、もう一つアイテムを装着することができます。
拡張性の高さが特徴です。
画像のオーナー様は、さらに取り外し可能なフェンダー(泥除け) SPEED SHIELD UNICLIP FENDER ¥1,800 (税抜)を装着しています。

フェンダーの他にも、サドルバッグ、CO2ボンベなど、様々なアイテムがございます。

(4) ロック
街中では、ロックがあると安心です。
ダイヤモンドフレーム内に装着しております。

FLEX COMBO+ ¥2,300 (税抜)

(5) ボトルケージ
ロードバイクに乗っていると発汗、呼気からの蒸散と、水分が大量に失われていきます。
ボトルケージがあれば、素早く水分補給が可能です。

AIRWAY SPORT (GLOSS) ¥1,200 (税抜)


GIANT TCR ADVANCED 2 KOM SEであれば、レース、ロングライド、ちょっと贅沢な街乗り、なんでもこなすことができます。
bikeport横浜西口店では、多数の実車を取り揃えて皆様のお越しをお待ちしております。

本日はこのあたりで宜しいと存じます。
それでは、皆様、次回お会いするときまで、ごきげんようです!!
以上、bikeportスタッフの奈須野でした。

過去のバイクポートのお知らせはこちら