横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

テクニカルトレイル、恐るるにたらず 2019 NEW CUJO 見参!!

bikeportでも大人気のCUJOがアップデートされてやってきました。

今年CUJOは更にトレイルを走破しやすく、嬉しい仕様が追加されました。

今年も昨年同様にCUJOは2と3の2モデルの展開。

変更点 

⇑2019 CUJO3

⇑2018 CUJO3

・2と3共にフレームがケーブル内装式になった。(リアブレーキホースは外装)左これはこれでブリーディングしやすくてGOOD!!

 

・ステルスタイプのドロッパーシートポスト搭載!!(2,3共に) 過去に外装式のドロッパーをご注文いただいたお客様申し訳ありません汗

 

実は2018年のライナップでは海外モデルのCUJO1はドロッパーシートポストが採用されており、これが国内にもあったらなーと思っていました。

さてご存知の方も多いと思いますが、bikeportグループは横浜店がGIANT、湘南店がCannondaleといった販売形式をとっています。

正直な話、隠さずともご存知の方は多いと思いますが、GIANTがコストパフォーマンスに優れているのは、各メーカーのカタログやHPを見ればすぐにわかります。

しかし各メーカー同グレードの車体を必ずラインナップしているわけではありません。

私達スタッフもこのメーカーでこれぐらいの価格でこういう仕様のバイクあったらなーということも結構ザラにあります。

対抗馬のGIANTですとFathomやTALONあたりが近いです。

ご案内なかでも、初めてのMTBのというと、ある程度調べてきていただいている方で10万円という予算設定の方が非常に多いです。

私達もお客さまと話をしているとドンドンあーそれならこのスペックが、あれもこれも~となって、最終的には予算は~のお話に戻ります。

そう予算は大事なんです!!

前置きが長くなりましたが、そんなかゆいところに手が届いていたのがCUJOなんですが、それが更にパワーアップしてきたものだから前置きもこんなことになっちゃいました。

 

CUJO3 ¥99,000+TAX

サスペンションはSR SUNTOURのXCR120mmストロークのものを採用。

15×110のスルーアクスルは軽量で剛性の高いで人気のBOOST規格を採用。

 

こちらは10Sスピードですがトレイルライドではあまり問題ないでしょう。

なんせフロント30Tのリア42Tですから、トレイルの上り返しも恐るるに足らず。

さらにそれと最強の組み合わせなのがこちらのステルス(内装式)ドロッパーシートポスト!!

アンダー10万円のバイクに採用しちゃったんです。

また日本国内にはテクニカルなトレイルが多数存在します。

作り込まれたフロートレイルなまだしも、根っこやジープロード、ロックセクションに至るまで、初心者に立ちはだかるあらゆるテクニカルトレイルをこの3.00インチ幅のタイヤ(27.5+規格)がライディングスキルをカバーしてくれます。タイヤ幅が太いと、浮遊感のあるクッション性と驚異的なトラクションを確保できるので、サスペンションのスペック以上の振動吸収性と走破性を感じて頂けると思います。

 

ブレーキはTEKTRO社の油圧ブレーキ!!

バイクコントロールは油圧ブレーキだと心強いですね。

メカニック的にはブレーキホース系が外側に配線されているのも地味に嬉しいです。(あんまり関係ないだろと思う人もいるかもしれないが・・)

昨年CUJOを富士見パノラマやふじてん、パレ那須にも連れていきましたが、常設コースでもメチャクチャ遊べるタフなやつでした。

bikeport湘南ベイサイド店では、2018年モデルCUJO3(Msize)の試乗車をご用意しております。

店頭で27.5+の操作性や乗り心地をぜひお試し下さい。

2018/09/011現在 bikeport湘南ベイサイド店ではCannondaleキャンペーンを実施しておりますので、ぜひお見逃しなく!!

 

 

 

 

 

 

過去のバイクポートのお知らせはこちら