横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

スマホホルダーのすゝめ3選

電話やメールだけではなく、とても多くの便利機能で現代の生活に欠かせなくなってきたスマートフォン。ウォークマンに代わり音楽が聴け、デジカメに代わり高画質な写真が撮れ、更には財布の代わりに電子決済サービス、カーナビや地図の代わりとしてナビゲーションまで。他にも色々と日常で必要な機能が一台の端末に凝縮されています。

既に利用されている方もいらっしゃるかと思いますが、現在スポーツバイクの世界でもサイクルコンピューターの代わりとして利用され始めています。

つい先日も某メーカー様より「センサーのみ販売され、専用アプリケーションで使用するサイクルコンピューター」の話を頂きましたので、今回はそれに伴い「BIKEPORTオススメのスマホホルダー3選を紹介しようかと思います。」

1、MINOURA

定番中の定番。スマホホルダーと言えばコレ!よく売れています。スマホが出回り始めの頃から発売されているロングセラーシリーズでして、私も使用しておりました。BIKEPORTスタッフのオススメポイントとしては「しっかりとした固定力」です。この手の似た商品は沢山ありますが、ミノウラの固定力が抜群だと断言できます。よく通販などで廉価なスマホホルダーを購入した後に「走行中にスマホが落下して画面を割ってしまった」なんていう事はそう珍しい話ではありませんが、ミノウラのスマホホルダーでそのような事例は今の所聞いたことはありません。他にも多種多様な自転車パーツ&アクセサリーを手掛けているメーカーが作るホルダーなので安心感が違います。通常の固定だけでも十分ですが、写真に写っている半透明のゴムでスマホ本体を固定することで更に大きな振動でも外れないように設計されています。

 

2、PREMIER

以前に私自身が使用していたスマホホルダーのもう一つがこちら。ゴムを引っ張ってスマホを固定するシンプルなタイプです。こちらは振動でマウント位置がズレることはありますが、四方の四点止めですので、落下する心配はありません。前述したミノウラのデメリットは「ホルダー本体を手軽に脱着出来ない」のと「ホルダー本体がややごつい」点が挙げられます。PREMIERのスマホホルダーは「必要な時だけ手軽に取付可能」な点がオススメできるポイントです。毎度走る同じコースであれば、特にスマホを見る必要はありませんよね?ロングツーリングでナビゲーションが必要な時だけ取り付けるといった使用が可能なのがこのタイプです。さらにバイクを複数お持ちであれば、取付も付け替えれる点も便利かと思います。他のホルダーと違いカラーリングを選べますので、ちょっとしたお洒落も楽しめます。

 

3、TOPEAK

最後に紹介するにはTOPEAKの「RIDE CASE」というスマホホルダーです。前述の2点はどんな機種でも対応できる「汎用スマホホルダー」(※寸法があえば)なのに対してこちらは「専用スマホホルダー」です。こちらはスマホケースがそのまま専用マウントに取付できる方式の新しいタイプです。ケースはiPhoneしかありませんが、逆言えばiPhoneユーザーには最良の選択とも言えます。専用マウントは残りますが「簡単な脱着」、スマホケースによる「正確な固定力」が両立できる唯一のホルダーです。実は今回、私も購入しました。

この専用マウントはパイプ部であればどこでもマウント可能です。また上部がヘッドキャップとなっておりますので、邪魔にならず見やすいコラム上に取付することも可能です。(※但しオーバーサイズコラムに限る)

ケースはカーボン調のデザイン。とても薄く普段使いにも支障のないデザインです。

裏はこんな感じ。最初に紹介した二つホルダーは「スマホケース装着のままだと取付不可」ですが、こちらはスマホケースそのものがパーツの一部となっております。

この機能は必要なのかわかりませんが、、、苦笑

スタンド機能も付属で、自宅でYOUTUBEやNETFLIXを観る際に役立ちます。多分。笑

 

今回ご紹介した三つは仕様により価格も様々です。どれがベストかは人それぞれですので、用途に応じたスマホホルダーを見つけて下さい!一部サンプル品や展示品も両店に御座いますので、お気軽にご相談下さいませ!

 

 

 

過去のバイクポートのお知らせはこちら