横浜・湘南のスポーツ自転車専門店|バイクポート

横浜西口店 TEL:045-620-3771
湘南ベイサイド店 TEL:0466-53-7775
お問い合わせフォーム

INFORMATION

【後編】令和2年2月2日(日) 湘南シクロクロス ㏌ 中井 bikeport横浜西口店 第二章 ~bikeportスタッフ木村のシクロクロッサーへの道~

昨日の続きを書きます。

前回のあらすじは、なんとかレース前までに-5㎏の減量に成功したということでした。今回はバイクの紹介、レースまでのトレーニング、最後にレースレポートを書きます。

まずは今回使用したバイクのご紹介。

2019 GIANT TCX ADVANCED ( ジャイアント TCX アドバンスド )

コンポーネントは標準装備のSRAM APEX 1×11Speed (スラム エイペックス)

その他カスタムパーツ

①(ホイール)    GIANT CXR1 DISC WHEELSYSTEM (カーボンホイール)   ¥130,000(税抜)

⓶(タイヤ)    IRC SERAC CX TUBELESS X-GUARD ( シラク CX チューブレス X-ガード )  ¥7,300(税抜)

③(ぺダル)    CRANK BROTHERS ( クランクブラザーズ ) eggbeater 3 ( エッグビーター 3 )  ¥16,510 ( 税抜 )

 

④(アクスル)    DT-SWISS ( DTスイス ) レバー部分が着脱可能なプラグインタイプのスキュワー。前後  ¥12,200 ( 税抜 )

⑤( サドル )   CADEX ( カデックス ) BOOST SADDLE   ¥33,000 ( 税抜 )

 

 

 

①ホイールは標準装備のものに比べ軽く、コストパフォーマンス重視で選びました。流石ジャイアントですよ。文句のないオススメのホイールです。

⓶タイヤに関しては、参加してきたレース会場で一番使用されていた?ものを選択。今はそこまでこだわりが無いため今後色々なタイヤを試してみたいですが、今回装着したタイヤに関しては耐パンク性はもちろん、グリップ・転がり抵抗に関して全く文句なしの良いタイヤでした。オススメです!

③ペダルは、bikeport横浜西口店が特約店のため、しっかりと宣伝クランクブラザーズ!! エッグビーター を使用。シクロクロスなら定番です!!4面キャッチ機構に、他ブランドに比べマイルドな着脱が、自転車を乗り降りする回数が多いコースでは圧倒的に有利! 外すのにも軽い力で外せるため女性の方にもおすすめです。

④スルーアクスルと呼ばれるシャフト機構ならモッテコイのオススメパーツ!

⑤サドルは…おそらくシクロクロス乗りでは初装着では?? 装着してしまいましたCADEX BOOST SADDLE ( カデックス ブースト サドル )!! これを装着して走った結果…最高でした。全く文句のない、シクロクロスにもオススメできるサドルでした。ただし、超軽量でベースは一体形成のフルカーボンの為、転倒した時は…なにも(お金)気にしないで走れる心の強い方には凄くおススメします。

店のスタッフとしてはかなり控えめで、定番のパーツを使用しました。でも、勝てる仕様になったかなと思います。沢山練習して、もっと速くなったら今年のどこかで、シクロクロスバイクを新調しようとたくらんでます。その時は…ドリームビルドをしてしまうかも…笑

でも今回のレースで大幅に変えたのはパーツだけではありません。ポジショニングを大幅に変更しました。

前回との比較写真が無いので文章で…。

まず、自らのフィッティングに使った日数はおよそ2週間。一日の中で、自分のフィッティングに費やす時間も無かったので色々試すのに時間がかかりました。

①ハンドルポジション

前回の湘南シクロクロス 開成町のコースは、比較的フラットで直線も長いコースだったため下ハンドルを地面と水平に、前傾姿勢をとりやすいポジションにしていましたが中井町コースは、フラットはあるもののテクニカルな区間が多く、勝負するとならば得意のダウンヒルだな(2周目で落車)!と思い、コントロールしやすい上ハンややアップライドポジションにセッティング。オフロードのダウンヒルの場合、シクロクロスバイクだとサドル高は高めなので、後ろに腰をあまり引けません(足の長さに問題が…)。そのためハンドル角がやや下向きだと荷重が前にいきやすいため下りコーナー手前でのブレーキングは極めて危険。ということでややアップライドなハンドル位置を取る事に安定した荷重移動ができました。実はレース前の試走にて、ハンドル角は2回程調整して合わせました…。レース前の作業は、緊張します。笑 レース前に自転車をいじる事はあまりオススメしません。あせってトラブルが起きてしまうこともあります。そこは自転車屋なので、焦らず冷静に一切のミスなく調整。

⓶サドル位置

サドル位置に関しては、実際にローラー台に装着し鏡を見て細かく調整しました。サドル高はバッチシでしたが、自分の身長だとフレームサイズがやや大きいためか、前後位置が合わず…。最終的にはサドルを限界まで前へ、クリート位置をバッチシ決めかなり力の入るポジションにしました。実際に速く走るポジションというのは人によって大きく違いますので、もしポジションにお悩みの方がいらっしゃったら是非フィッティングを受けて頂きたいです。全然違います。

車体の横からの写真見たところで良いのか悪いのか全く分からないとは思いますが、このポジションが今回のレースではかなりのベストポジションでした。

 

クリート位置

母指球と小指球の間のセンターラインを中心に、小指球寄りにセット! 以上。今回のレースは引き足よりもしっかりと踏み込めるクリート位置にセッティングしました。

よく母指球にクリートを合わせるとおっしゃる方がいらっしゃいますが、それは間違いです。その人の走り方、走る内容によっても変わりますし縦方向から見た際の腰の位置から足元までの膝の…
かなり沢山の条件でクリート位置って変わるので、キリがありません。笑 何度も言いますが、ポジションが合っていないのかな?と思う方は是非フィッティングを受けてください。(bikeport横浜西口店 BIKEFIT ( バイクフィット )公認フィッター 木村迄 ¥3,000~)

ちゃっかり宣伝…お許し下さいませ。笑 ただし、下半身~クリート位置のポジショニング調整はバッチシあわせられますのでお任せください。

今回のレースはかなり力を入れていました。本気を出せば結果が出ます!!!!!!

 

 

 

~ 湘南シクロクロス 中井町 C3 レーススタート ~

 

やっと本題に入ります…。

 

今回bikeportチームは私一人の出場。チームメンバーの大釜さんのサポートを受けいざ出陣。

 

朝5時半出発。実は朝から緊張が止まらず心拍数を細かく確認。110を常に超えてました…笑

 

なんでこんなに緊張しているのかというと…今はまだ知り合ったばかりなのでその選手の情報は述べませんが、前々から注目していたかなり若手(おそらく中学生位?)の最強選手が、今回同じC3で走るという…。そんなの聞いていない!!!!

「絶対負けるよ~」、と大釜さんにぶつぶつ泣き言を言っていると、優しい大釜さんから一言。「チャンスがあれば勝てるよ!」

…しばらく黙りこみました。

会場に到着。

強そうな選手ばっかりだ~…。でも、選手よりもバイクに目がいってました。みなさんのバイクの仕上がりを要チェック!!

凄くこだわっているバイクばかりで、見るだけでも楽しかったです。

エントリーを済ませ試走へ向かいます。

今回は念入りに3周しました。

コース入ってグルグルっと回って、中井名物の150段の階段。

実は最近、近くの公園にて階段トレーニングをしておりまして…

ここを自転車担いでノンストップ40周。

…これだけやれば問題ないでしょう…。階段に強くなったことを確信してました。

階段を登りましたら

デコボコのオフロードを下り

オンロードを走り、下って砂利道(サンド区間)へ。

サンド区間はですと…めっちゃ滑りました。空気圧をやや高め(3.0bar)にセッティング。タイヤはオールコンディションタイプにしているせいかやや不安。コーナーでかなり減速をしないと曲がれない感じでした。試走の際、他選手のコーナーを見ているとみんな同じぐらいの速度だったので、今回はサンド区間はミスなく行こうと考えました。舗装路の直線と、ゴール手前の登り坂で勝負をかけるために今回の空気圧3.0barにしましたが…これが後程後悔することに。

サンド区間を終えると次に迎えたのは…急斜面を駆け上るという!! …皆さん押して歩いてましたがチャレンジャー木村は、ギアを軽くしトラクションコントロール練習の成果を発揮。乗ったまま登れればダントツに速いのを確信しました。

急斜面を登って、なんだか面白そうな小さな森?に突入。なかなかテクニカルで、面白かったです。

その後は再びサンド区間を走り、最後の坂を登りフィニッシュ。中井中央公園のコースはとても疲れますが、私としてはとても楽しめるコースでした。

不安すぎて試走で3周もしましたが、身体とバイクのコンディションは良いことを確認出来ました。

CK ( カテゴリーキッズ )、C4( カテゴリー 4 )が終了し、とうとう自分の番。

シクロクロス仲間が応援に駆けつけてくれました。とても感謝してますのと、すごく安心もしました!

そのおかげか思ったより緊張無く、リラックスした状態でスタート位置へ。奇跡的に最前列。

スタート30秒前。

20秒。

10秒。

最後にチェックした心拍数なんと130。ド緊張の中、

スタート。

加速は負けません!最強の中学生と自分が圧倒的な加速で前へ。

その直後最初のミス。

ギアチェンジミスった―――! ( シフトダウン )

抜かれて5番手位で最初のコーナーへ。

砂利が凄く滑るためなるべくブレーキをかけずタイヤのグリップを信じ回る。

名物階段手前の登坂を漕いで登ります。ただし、進入角度を間違えたため失速、降ります。

駆け上がろうとした時、

後ろのA(仮)選手が私の降車の際、転倒。

本当に申し訳ないことをしてしまいました。A選手のホイールを踏んずけてしまいました…。

改めてブログでも言わせてもらいます。本当に申し訳ございませんでした。(レース後、そのA選手にしっかりと謝罪しました…。)

レースの世界はトラブルがつきものだと改めて思いながら、

階段へ突入。ライバルみんな速い!! やはりしっかりと練習してきているのだなと思いました。

登り切ったら少し下り。この時点で順位は5位でしたかな? 良い感じでした!

オフロード区間では選手が根っこに引っかかったり転げたりと…かなり激しかったです。

そこはなんちゃってテクニックで乗り越え3位に浮上。

ここからは快進撃でしたよ~

サンド区間もしっかりミスなく、その後の急斜面も登れるところまで登って、

2位に浮上!

デコボコオフロード区間も難なくクリア…

まさかの大失態。

急斜面を下った先、すぐサンド区間に突入なのですが…

コントロールを失い落車。

一気に5位に転落。やっちまっただ~(T_T) 路面の変わり目って、グリップ感が全然違うためヘタに突っ込むとダメですね。

この時、もう終わったと思いました。笑

前の選手はかろうじて見えていたので追いかけます。

そしたら、思ったより追いつき坂道で3人抜き?、再び2位に浮上。

1ヶ月頑張った成果が出てました!! 体重-5kgは凄いですね。全然軽いので坂道も楽ちん♪

体力も少し余ったまま2周目突入。

この時、何を思ったのかひたすらしゃべれば体力回復するんじゃ?と思い、

階段で常に「〇ぬ~」とか、「助けて~」とかとにかく色々しゃべってました。

観客の方が笑ってくれてたので、盛り上げは成功したんじゃないかと思います。(変な人に思われた可能性も…)

階段登って、安定のペースで2周目を終えます。

3周目、安定のペース。この時点で1位との差は1分差? あきらめず追いかけましたが、ミスなく終える事を第一に

ラスト周回。

思ったより体力が残ってたので、そこまでペースが落ちることなく

ゴール!!!!! 何とか2位でフィニッシュしました。

1位になれなかったことは悔しいですが、すごく速くて上手な選手だったので、当然の結果でした。

むしろ新たな目標ができて、次も頑張ろうと気合が入りました!

最後はライバル達(とお師匠様)と楽しく談笑をして、

無事、楽しくレースを終えることができました。

応援に来てくださった方々、本当にありがとうございました (T_T) めちゃくちゃ感謝しております!!!!!! あと、本人を10倍にカッコ良く撮ってくれた方々にも、ものすごく感謝しております。1枚1500円でも払いたいぐらい最高の写真ばかりです!! (出世払いで…お願いします…。)

次回のレースまでに、もっと速くなるため練習しておきますので、bikeportシクロクロス部の応援、今後ともよろしくお願いいたします。

もし、シクロクロスにご興味のある方いらっしゃいましたら…是非お店にも寄ってってください。

bikeport横浜西口店、シクロクロッサーも大歓迎でございます。

以上、木村でした。

 

【前編】令和2年2月2日(日) 湘南シクロクロス ㏌ 中井 bikeport横浜西口店 第一章 ~bikeportスタッフ木村のシクロクロッサーへの道~

 

 

 

 

 

過去のバイクポートのお知らせはこちら